クレンジングの乳化とは?乳化しないと本当はメイクが落ちてない!?

[スポンサードリンク]



クレンジングした後の肌がスッキリ洗い上がっていない感じがする場合、クレンジングの乳化がされていないのかもしれません。

きちんと汚れを落とすにはクレンジングの乳化作業が重要になります!
今回は、意外と知られていない乳化の重要性について詳しく紹介します。

クレンジングを乳化しないと肌の負担に!

鏡を見る女性

クレンジングは刺激が強いため肌に悪いと言われることがありますが、具体的にどんなところが肌に負担をかけているのか知っていますか?

乳化が必要なクレンジング剤はオイルクレンジングが代表的ですが、油分が含まれるクレンジングはなめらかで滑りが良いのが特徴です。

本来は力を入れなくても、メイクと馴染ませるだけで汚れを落とすことができますが、滑りがいいので力を入れすぎて洗顔してしまう場合があります。

力を入れて洗い過ぎることにより肌にとって必要な皮脂や潤いまでも洗い流してしまい、肌に負担をかけてしまいます。

また、クレンジングの乳化は水分と油分をなじませて汚れを洗い流すことが目的です。乳化をせずにそのまま洗い流してしまうと、クレンジング剤の油分が肌に残りやすくなります。洗浄力の強い成分が肌に残ることで肌がダメージを受ける可能性が高くなってしまうのです!

乳化にはこんなメリットが!

肌が綺麗な女性

クレンジングが乳化することで水分と油分をなじませ、汚れをすばやく洗い流すことができます。乳化をしないまま、クレンジングを水で流そうとしても油分が水を弾いてしまうので、クレンジングもメイクも落とすことができず肌に残ってしまうのです…

また、すばやくクレンジングを洗い流せるため、洗浄能力の高いクレンジングが肌に触れる時間が短くできます。

肌はとても敏感なので、必要以上の刺激を与えないことが大切
乳化することで擦らず力を加えなくても汚れを落とすことができるため、肌への負担のリスクを低くすることができます。

乳化が必要なクレンジング剤とは

全てのクレンジング剤で乳化が必要という訳ではありません。
乳化が必要なのは油分を含んでいるクレンジング剤です!

乳化が必要なクレンジング剤はクレンジング剤の成分に油分が含まれているかどうかです
油分が含まれているもので代表的なのはオイルクレンジングですが、その他にもミルクタイプ・クリームタイプ・ジェルタイプ・ホットクレンジングなど様々なクレンジング剤で油分を含んでいるタイプがあります。

オイルクレンジングでなくてもクレンジング剤の成分に油分が含まれていれば乳化する必要があるのです。

クレンジング剤の成分に油分が含まれていない、水クレンジングやクレンジングリキッドは乳化の必要がありません。

クレンジングの使い方の説明に記載があることもあるので、乳化をする必要があるのかどうか確認してみましょう!

乳化の正しい手順

乳化の正しい手順

クレンジングの乳化の正しい手順を紹介していきます。

クレンジングを適量手に取り伸ばす

このとき、手は濡れていないほうが乳化がうまく出来ます。商品にもよりますが、濡れた手でも使える種類もあります。濡れた手で大丈夫な場合でも、できるだけ手の水分は拭き取って下さい。

はじめから水分が加わっていると乳化がしづらい可能性があります。

手が冷たい場合は少し温めてからのほうがクレンジングとメイクがなじみやすく、乳化もスムーズです。

クレンジングをなじませる(1分程度)

なじませる順番は、Tゾーンの次にUゾーンです。
皮脂の多い部分からクレンジングをなじませていきます。

マスカラなど目元のメイクが濃い場合は、専用のクレンジングで先に落としておきましょう。

クレンジングをなじませるときは中指と薬指を使って力を入れずクルクルと円を描くようにします。

クレンジングの乳化(30秒程度)

クレンジングが顔全体にゆきわたり、メイクとなじんだら乳化していきます。冷たい水は避け、ぬるま湯数滴を手に残っているクレンジングと混ぜていきます。

このときの水分量が重要です。乳化に必要な水分はほんの少しで大丈夫です。多すぎると乳化する前に流れてしまいます。また、少なすぎると乳化ができません。水を加えるときは数滴ずつ調整して加えていきましょう。

ぬるま湯とクレンジングを混ぜた手で、顔のクレンジングと水分を指先で優しくなじませていきます。

乳化がうまく出来たサインは、透明のクレンジングが乳液のように白く変化することと、指先の感触がクレンジングの感触から乳液のような軽い感触に変わることです。

顔全体がうっすら白くなり、指の感触が軽く変化したら乳化が完了した証拠です。

すすぎ

乳化が完了したあとはすすいでいきます。すすぐときもぬるま湯を使いましょう。乳化が正しく出来ていると、クレンジングのぬるつきが落ちやすくなっているのを感じるはずです。

まとめ

乳化をするかしないかでメイク汚れの落ち方も、肌への負担も大きく変わってきます。

正しい手順でクレンジングができれば、クレンジングした後のぬるつきもきにならなくなり、汚れがきれいに落とせます。今日からぜひ取り入れてみて下さいね!

クレンジング選びにはこちらの記事も参考にしてくださいね。
毛穴に良いクレンジングを正しく選ぶ!タイプ別おすすめクレンジング・洗顔料

[スポンサードリンク]