毛穴をすっきり綺麗に!スクラブ洗顔の効果と注意点

[スポンサードリンク]



「毛穴の黒ずみが治る」「肌がつるつるになる」などの理由で、スクラブ洗顔を使用している人も多いですよね。

しかし、最近ではスクラブ洗顔は肌に悪い…などの噂を耳にすることも。
実際のところ、スクラブ洗顔とは肌に良いのでしょうか?悪いのでしょうか?

今回は、スクラブ洗顔の効果や注意点についてご紹介していきます。

スクラブ洗顔で毛穴を綺麗に!

スクラブ洗顔

スクラブ洗顔とは、洗顔料の成分に細かい粒子が含まれたものを指します。
この粒子が肌の表面を削ることによって、古い角質や汚れ・皮脂などを取り除くことができます。
角質を取り除くことから、肌のくすみを改善したり、肌表面がつるつるモチモチになるといった効果を実感できます。

通常の洗顔には「削る」という効能はないため、スクラブ洗顔の方が肌の汚れをしっかり落とせると言えるでしょう。
とてもさっぱりとした洗い上がりで、顔のべたつきやテカりなどが気になる方に人気が高いです。

このような効果のあるスクラブ洗顔ですが、使い方によっては肌表面に傷をつけてしまったり負担をかけてしまうことがあります。スクラブ洗顔を使う時には、正しい使い方を心がけましょう。

正しいスクラブ洗顔のやり方

肌を鏡で確認する女性

スクラブ洗顔は、通常のクレンジングや洗顔後に行うのが基本です。

【スクラブ洗顔の手順】
①肌をしっかりと濡らす
②肌にスクラブを馴染ませる
③ぬるま湯ですすぐ
④清潔なタオルで肌を拭く
⑤保湿する

スクラブ洗顔を行う時には、事前に肌をたっぷりと湿らせておきましょう。
直接スクラブ洗顔を顔につけてしまうと、肌への負担が大きくなり、乾燥やダメージの原因となります。
また、スクラブ洗顔料が泡立つタイプのものなら、泡立てネットなどを使いしっかり泡立てておくようにしましょう。

スクラブ洗顔料には細かい粒子が含まれているため、力強く顔を擦ってしまうと皮膚を傷つけてしまいます。必要以上にゴシゴシ洗わず、指の腹を使って泡を転がすように優しく洗顔しましょう。
その後、すすぎ残しのないようにしっかりと洗い流します。熱いお湯は乾燥の原因となるので、体温より少し低めのぬるま湯を使用しましょう。

スクラブ洗顔において、洗顔後の保湿は非常に重要になります。
スクラブ洗顔後は角質や皮脂が洗い流されることから、肌が非常に乾燥しやすい状態になります。そのまま放置してしまうと、乾燥による肌トラブルの原因となりますので、いつも以上にしっかりと保湿しましょう。

間違ったやり方は毛穴が悪化する原因に…

顔を覆う女性

スクラブ洗顔は間違ったやり方をすると、肌を傷つけたり毛穴トラブルの原因となります。
いくつか注意点については挙げてきましたが、以下の2点は必ず守るようにしましょう。

①使用頻度を守る
スクラブの使用頻度は、基本的に週1~2回です。やりすぎてしまうと、必要以上に角質を削ってしまい肌を傷つける原因になりますので注意しましょう。
使用頻度については、必ず商品に記載してあるので、しっかりと確認しましょう。

②洗顔中に力を入れすぎない
スクラブ洗顔は、ゴシゴシ洗うほど肌がキレイになるものではありません。力の入れすぎは、粒子による肌ダメージの原因になるだけなのでやめましょう。

スクラブ洗顔を避けるべき時は?

注意をうながす女医

ニキビの炎症が起きている時はスクラブ洗顔を避けましょう。スクラブ洗顔料に含まれる粒子がニキビを刺激してしまい、悪化する原因になります。

また、日焼け後や体調の悪いときにも避けた方がいいでしょう。
肌がデリケートになっている場合がありますので、スクラブ洗顔の刺激が肌トラブルの原因になることがあります。

同じ理由で、敏感肌の方には、スクラブ洗顔はあまりおすすめできません。
どうしても使用したい場合には、自分の肌に合った出来るだけ刺激の少ないスクラブ洗顔料を選ぶようにしましょう。

敏感肌の方にはこちらがおすすめ。
肌にやさしいマナラを試してみた

まとめ

いかがだったでしょうか?
スクラブ洗顔は正しい方法で行えば、毛穴対策や美肌効果など様々な良い効果を得ることができます。
ただ、何も知らずに利用すると肌トラブルの原因になることも分かりましたね。

使用方法や注意点を守りながら、スクラブ洗顔を上手に使用していきましょう!

[スポンサードリンク]