毛穴悩みが治るらしい?手ぬぐい洗顔のやり方とは

[スポンサードリンク]



手ぬぐい洗顔」をご存知でしょうか?

手ぬぐい洗顔とは、手ぬぐいを使用して洗顔をすることで毛穴の黒ずみがスッキリきれいになるというものです。

毛穴トラブルは見た目も目立ってしまいますし、化粧のりも悪くなってしまうので、手ぬぐいを使用して洗顔をするだけで毛穴悩みが解消できるなら嬉しいですよね。

しかし、間違った方法で手ぬぐい洗顔をしてしまうと余計に肌トラブルを悪化させてしまうこともあります。今回は、正しい手ぬぐい洗顔の方法とその効果についてご紹介していきます。

手ぬぐい洗顔とは?

疑問を持つ女性

手ぬぐい洗顔とは、石けんと手ぬぐいを使用して洗顔をすることで肌や毛穴に残った汚れをきれいさっぱり取り除くという洗顔方法です。

手ぬぐい洗顔は、手ぬぐい美容家として活動している高辺しおりさんが今は亡き祖母から継承した美容法だそうです。

いつもの洗顔時に手ぬぐいを使用するだけで、クレンジング剤を使用しなくてもメイクが落とせて、肌にたまった古い角質も取り除いてくれるという驚きの美容法です。

手ぬぐい洗顔の効果

肌が綺麗な女性

手ぬぐいは肌触りが良く繊維が細かいため、毛穴の汚れをかき出したり古い角質をからめ取る効果に優れています。そのため、毛穴の黒ずみケアとしての効果はかなり期待できます。

肌の汚れをしっかり取り除くことができるということは、毛穴の黒ずみ解消だけではなく、ニキビ予防、肌のざらつきの解消、くすみ解消、スキンケアの浸透率のアップといった効果も期待できます。

手ぬぐい洗顔のメリット

手ぬぐい洗顔のメリットは、強い洗浄力を用いずにクレンジングや洗顔を行えるという点です。

洗浄力の強いクレンジングや洗顔料は肌を乾燥させるので、乾燥から肌を守ろうと過剰に皮脂を分泌します。その皮脂が毛穴に詰まり、酸化することで毛穴の黒ずみとなります。

手ぬぐい洗顔は毛穴の黒ずみの解消と予防のどちらもできる美容法だということです。

手ぬぐい洗顔のデメリット

手ぬぐい洗顔は、手ぬぐいの選び方を間違えると肌への負担を逆に増やしてしまうというデメリットがあります。

手ぬぐいの繊維や着色料が肌への刺激となり乾燥を招いてしまうと肌は乾燥から守ろうと過剰に皮脂を分泌します。元々乾燥肌や敏感肌だった人の場合は、ゴシゴシと手ぬぐいで摩擦を与えることも同様に刺激となってしまいます。

過剰に分泌された皮脂は毛穴につまり、酸化して角栓となって頑固な毛穴の黒ずみになってしまいます。

また、メイクの濃さによってはしっかりメイクを落としきることができずに肌に残ったメイク汚れが毛穴の黒ずみの原因となることもあります。

手ぬぐい洗顔のやり方

手ぬぐい洗顔を教える女医

手ぬぐい洗顔の正しいやり方をご紹介します。

正しい”手ぬぐい洗顔”のやり方

  1. はじめに、ぬるま湯で顔を濡らします。(化粧をした状態でOK)
  2. 水で濡らして絞った手ぬぐいを、まぶたの上から下に向かって拭います。(この段階でアイメイクが完全に落ちなくても大丈夫)※アイメイクが濃く落ちるか不安な方は、先にその部分だけ刺激の少ないクレンジングでオフしておいてもOK!
  3. 固形石鹸を使用します。手ぬぐいでしっかり泡立てるのがポイントです。
  4. おでこから下に下がりながら洗います。この時、円を描くように優しく洗って下さい。
  5. 鼻や目の周りなどは、手脱ぎ雨を指に巻きつけてると洗いやすいです。洗い流す時は、ぬるま湯の流水を使用しましょう。

手ぬぐいはゴシゴシこするのではなく、優しく撫でるように使用しましょう。

手ぬぐいを作る際の糸は、特岡・岡・総理・文といったように太さに違いがあります。当然ながら、目が細かく肌触りの良い手ぬぐいは値段もそれなりです。100均の手ぬぐいで本当の手ぬぐい洗顔の効果が得られるわけではないのでご注意ください。

まとめ

毛穴トラブルに悩まされている人にとって「手ぬぐい洗顔」は簡単に毛穴の黒ずみが解消できる嬉しい美容法です。

この記事を参考に、正しい手ぬぐい洗顔であなたが毛穴悩みを解消できれば幸いです♪

洗顔がしっかりとできたら、その後のケアもしっかりしないともったいないので、こちらの記事も参考にしてくださいね。
毛穴の黒ずみや開きに効く化粧水は?毛穴トラブル別おすすめ化粧水13選

人気の毛穴ケア用美容液おすすめ9選!毛穴タイプ別ランキング

[スポンサードリンク]