ハイドロキノンのシミ美白効果は本当に凄いの?副作用はない?

[スポンサードリンク]



今や美容通の中で大人気のハイドロキノン
シミやそばかすなどのお肌のトラブルを防止するだけでなく、お肌の状態を改善する効果もあるとされています。

高い美白効果からお肌の漂白剤とも呼ばれ、最近ではハイドロキノン配合の化粧品も市販されるようになりました。そんな優れた成分のハイドロキノンですが、本当に期待できるような効果があるのでしょうか?

今回はそんな疑問を解決すべく、ハイドロキノンの効果と知っておくべき副作用について、分かりやすくご紹介していきたいと思います。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、身近な食物である麦芽やいちごなどに含まれる、天然の水溶性成分です。写真の現像や染料、樹脂の酸化防止剤などに使われ、研究や開発が進み今では美白剤としても使われるようになりました。

その美白効果は、代表的な美白成分であるプラセンタやビタミンCの10~100倍とも言われています。

写真の現像や酸化防止剤に使われている成分が美白にどう関係するの?と思われた人も多いでしょう。実はハイドロキノンの持つ「酸化を抑える還元作用」が共通しているのです。

ハイドロキノンの効果は?

シミに悩む女性

シミができる原因は、紫外線を浴びることで活性化されるチロシナーゼという酵素。これによって、皮膚の基底層であるメラノサイトで生成されたメラニン色素が、酸化して黒色メラニンに変化し、シミになります。この反応をハイドロキノンが抑え、黒色メラニンの生成を防ぐというわけです。

また、ハイドロキノンはメラニンの製造工場であるメラノサイトに直接働きかけ、過剰に生成されるメラニンの数を減少させます。そのため色素沈着が起こりにくくなり、美白を保つことができるのです。

そしてハイドロキノンの最も優れた特徴とも言えるのが、還元作用。紫外線の刺激で酸化して、すでに黒くなってしまったメラニンを酸化前の状態に戻し、メラニン色素を薄くします。

そんな万能成分のハイドロキノンですが、残念ながらどんなシミにも効くわけではないのです。効果が期待できるのは表皮などの浅い部分のみで、皮膚の奥まで行き届いてしまった真皮性のシミには、あまり効果がありません。

実際にハイドロキノンが効果的なシミを見てみましょう。

日光性黒子(老人性色素斑)

こめかみ、頬、手の甲、前腕、上背など、紫外線を浴び続けてきた箇所に出るシミ。年齢を重ねるごとに薄い褐色から濃褐色へ、はっきりとした色に変化することから、老人性色素斑とも呼ばれています。

炎症性色素沈着

虫さされや傷、にきびなどの炎症後にできたシミ。色は褐色、茶色、黒褐色とさまざまで、時間が経つにつれ薄くなっていく場合がほとんどです。しかし、紫外線を浴びることで消えにくくなる場合もありますので、注意して下さい。

肝斑

額、両頬、鼻の下、口周辺などに左右対称にできるシミ。形が肝臓に似ていることからこの名がついたと言われ、色は茶色や灰色などさまざまです。女性ホルモンのバランスの変化やストレス、不規則な生活が原因と言われています。

副作用は大丈夫?

注意をうながす女医

これだけ色んなシミに効果が期待できるハイドロキノン、まだ試したことのない人はすぐにでも使ってみたくなったのではないでしょうか。

しかし、その前にもう一つ知っておくべき大事な点があります。それはハイドロキノンの副作用。ハイドロキノンはとても強い成分のため、いくつか心配される副作用があるのは事実です。ここで正しい知識を身につけ、副作用に備えましょう。

白斑

濃度の高いハイドロキノンを長時間同じ箇所に使用することで、その部分だけが白抜きしたようになってしまいます。濃度が5%以下のハイドロキノンの使用では、白斑は起こりにくいと言われていますが、ハイドロキノン配合の化粧品を複数使用したり、処方された薬と他の化粧品を同時に使ったりすると、気が付かないうちに濃度が上がってしまっている場合もあります。

皮膚科では、症状にあわせてハイドロキノンの濃度と使用期間を判断していますので、医師の指示には必ず従うようにして下さい。

シミの悪化

ハイドロキノンは不安定な成分のため、気温が上がると酸化して茶色に変色したり、紫外線を浴びて刺激のある成分に変化したりします。これがシミをさらに濃くする原因となりますので、ハイドロキノン利用時はUV対策をしっかり行いましょう。曇りの日でも必ずSPF20以上の日焼け止めクリームを塗るようにして下さい!

炎症作用

敏感肌アレルギー体質の人は、ハイドロキノンの強い効果には特に注意する必要があります。人によっては肌が強い刺激を受け、かゆみやヒリヒリとした痛みをともなう湿疹や炎症を引き起こすことがありますので、使用前に必ずパッチテストを行って下さい。

パッチテストは目立たない箇所に塗って48時間様子を見るだけ。何らかの異常を感じた場合は使用を見合わせましょう!

副作用やその他の肌トラブルを防ぐためにも、医師の指示どおりに使用し、開封して一か月以上経ってしまったハイドロキノンは必ず破棄することが大切です。

まとめ

いかがでしたか?
ハイドロキノンが持つ高い還元作用と抑制作用、また副作用や注意点についてもお話してきました。

副作用と聞くと心配になりますが、正しい使い方をすれば、ハイドロキノンは抜群の効果をもたらします。
是非あなたも、素敵な美肌を手に入れて下さい♪

美白についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご参考くださいね。
そもそもシミってどうしてできる?その原因を知ることが対策の第一歩!

[スポンサードリンク]