シミの原因「メラニン色素」を減らす方法を知っていますか?

[スポンサードリンク]



メラニン色素といえば、シミができる原因で肌の大敵というイメージを持っている人も多いですが、実はメラニン色素は私達の肌を守る役割もしています。

今回は、過剰に発生したメラニン色素を減らすための適切なケア方法を紹介していきますので、ぜひ参考にして下さい。

そもそもメラニン色素の役割って?

疑問を持つ女性

メラニン色素とはどのような役割をしているのか詳しく解説していきます。

メラニン色素の一番大きな役割は、紫外線から肌を守ることです。
シミの原因となるメラニン色素は肌にとって悪者のイメージですが、メラニン色素が存在しなければ紫外線を受けた肌は火傷したり、水ぶくれや炎症を起こすなどして肌にとって大きなダメージを与えてしまいます。

また、紫外線が肌の奥深くまで到達し細胞核にダメージを与え、細胞核の中にあるDNAを破壊し細胞を死なせてしまいます。

皮膚がんは死んでしまった細胞が変質することでひき起こるため、肌を守ることと同時に健康面から見てもメラニン色素はとても大切な役割をしています。

シミができてしまう原因はメラニン色素にありますが、紫外線などの外部刺激から肌を守るには必要不可欠な存在なのです

問題は、メラニン色素が過剰につくられることや、ターンオーバーによって排出されずにメラニン色素が定着してシミができてしまうことにあるのです!

シミができる原因

メラニン色素が増える原因とは?

メラニン

メラニン色素が増える外部刺激の中で一番大きな原因は紫外線です。

紫外線を浴びることでメラニンをつくり出す細胞、メラノサイトが活性化されたり肌表面に活性酸素が発生し、情報伝達分質からメラニンつくらせる命令が多く出されます。

また、ストレスや疲れを感じることで体内にもたくさんの活性酸素が発生します。
その結果、情報伝達分質の働きでメラニンがつくられてしまうのです…

その他、肌を必要以上にこすったり掻いたりすると、肌を刺激から守ろうとしてメラニンがつくられます。紫外線に当たっていなくても肌が黒ずむのは肌への摩擦が原因と考えられます。

メラニン色素を減らす方法

スキンケアをする女性

増えてしまったメラニン色素は日々のスキンケアや、日常生活の心掛けで減らすことができます。

シミができてしまう前にしっかり予防して、シミの出来にくい肌へ整えていきましょう。
メラニン色素を減らして、シミの出来にくい肌へ導くにはどんな方法が効果的なのか紹介していきます。

美白化粧品を使う

日頃使用する化粧品に美白有効成分が含まれたものを選ぶことで、メラニン色素を減らす効果が期待できます。代表的な美白有効成分を紹介していきます。

・ビタミンC誘導体
ビタミンCは美白に有効な成分ですが、壊れやすく不安定で肌にも浸透しにくいため、化粧品に配合されていても効果を発揮できません。

ビタミンC誘導体はビタミンCの効果を発揮できるように人工的に改良し、安定化と肌への浸透を高めた成分なのです。

ビタミンC誘導体には、活性酸素を除去する作用、ターンオーバーを促す作用、メラニンを還元してシミを防ぐ作用など、美肌への効果が期待できます。

・コウジ酸
日本酒や味噌、醤油で使われる麹菌が発酵する過程で生み出されるのがコウジ酸です。

メラニン色素生成に欠かせない酵素チロシナーゼは銅イオンがないと働くことができません。
コウジ酸はチロシナーゼから銅イオンを引き抜いてメラニン色素を生成する働きを止めてしまいます。

メラニンがつくられる根本に働きかけることで、シミの予防に効果を発揮します!

・アルブチン
皮膚科で使われるハイドロキノンとブドウ糖を結合したものがアルブチンです。
メラノサイトにあるチロシンが、酵素チロシナーゼなどの作用によってドーパミンという化合物になり、やがてメラニンに変化します。

アルブチンはメラニンが活性化するときに起こる酵素チロシナーゼの働きを抑えることでメラニンがつくられることを防止します。

活性酵素を抑制する

活性酵素を抑制するには体の中からのケアも大切です。
おすすめの食材を紹介していきますので、日頃の食事に意識して取り入れていきましょう!

・ビタミンC
果物全般や緑黄色野菜に多く含まれています。
熱に弱い性質のため、生のまま食べることがおすすめです。

・βカロチン
緑黄色野菜や柑橘類に多く含まれています。
油と一緒に食べると吸収がよくなるため、油を使った調理法で食べることがおすすめです。

・リコピン
トマトやスイカなど、赤系の食物に多く含まれています。
熱に強いため調理しても性質に変化がありません。さまざまな調理で食べても効果が期待できます。

日々のスキンケアの積み重ね

シミができてしまう原因は、過剰につくられたメラニン色素が排出できずに定着することです。

まずは、年間を通して紫外線防止対策をしっかり行いメラニンを過剰につくらないようにすること。

そして、増えてしまったメラニンを排出するには、肌の状態にあった丁寧なスキンケアでターンオーバーが正常に行われる状態に肌を整えることが大切です!

まとめ

メラニン色素は過剰に増えることを未然に防ぐことと、増えてしまったメラニン色素を減らしていくことを意識して対策していくことが必要です。

きちんと対策して、シミのないきれいな肌を目指しましょう!

[スポンサードリンク]