シワを除去するレーザー治療の効果と値段は?

[スポンサードリンク]



メイクやスキンケアをしている時に、ふと目に入るシワ
おでこやほうれい線などのシワは頑固でマッサージやスキンケアだけでは、なかなか消えることがありません。

そこで近年注目を集めているのがレーザー照射でのシワの治療です。
レーザーでの治療というと、シミ治療が一般的ですが、レーザーを照射することで、シワの改善や肌のハリを取り戻すことができることも近年話題です。

そこで、シワを除去するレーザー治療の効果や値段をまとめてみました。
シワに悩んでいる、レーザー治療に興味がある、という方は参考にしてくださいね。

スキンケアでの対策が知りたい方はこちら

レーザー治療の効果は?

シワを気にする女性

レーザーによるシワの治療方法にはいくつか種類があり、現在は2つのものが主流です。

  • 肌の内部の弾力成分の産生を促進する働きを持つもの
  • 肌のターンオーバーを促進し、新しい皮膚に入れ替えるもの

この2つのレーザーによるシワの治療方法は、切開する、引っ張る、注入するといった手術的な治療とは異なり、内側からの肌細胞の変化を促進させるために行うものです。

1回の照射で効果が目に見えるほど得られるものもあれば、何度か照射することで徐々に効果が得られるものなどがあります。
平均して3か月~半年で効果のピークを迎えます。

<レーザー治療によるシワへの効果>

1.レーザーによる照射で熱を肌の奥の真皮層に届けます。
その刺激によって肌が引き締まり、肌の働きが活性化されます。
活性化されることによって、内側からハリが復活するので小じわが改善します。
同時にたるみが改善することで毛穴も引き締まります。

2.レーザーを照射することで真皮層に刺激が与えられます。
刺激によって真皮細胞で生成されるコラーゲンの産生力が促進
コラーゲンの生成がアップすると長期的に小じわを防ぐ作用をもたらします。

レーザー治療の金額は?

料金を伝える女性

レーザーによるシワの除去治療は、種類やクリニックによっても料金が異なります。
ここでは、平均的なレーザーによるシワの治療方法や、種類、料金についてまとめました。

ウルセラシステム(ウルトラリフト)

筋膜のゆるみにアプローチして引き締め、たるみを改善。
真皮層よりも深い層(SMAS)に超音波を照射します。
皮下脂肪にも作用することから顔が引き締まります。

  • 効果が出るまで・・・治療開始後半年くらいで効果のピークを迎え、1年間効果は継続。1回の照射で効果がある。
  • 所要時間・・・60分から90分
  • 料金例・・・顔全体240,000円(1回で1年の金額)

サーマクール

サーマクールはレーザー照射治療の中でも代表的な方法。
高周波の熱作用から真皮層のコラーゲン線維を焼き、線維芽細胞からコラーゲンやエラスチンなど皮膚の弾力の元になる成分を生成。
皮下脂肪まで到達するので肌が引き締まります。

  • 効果が出るまで・・・3か月かかって少しずつシワが改善。効果は6か月ほど維持。1年に2回受けるのが理想的。
  • 所要時間・・・40分~60分
  • 料金例・・・サーマクールCPTはショット数で金額が決まります。ショット数が多ければ料金も高くなります。600ショットで1回120,000円

ギャラクシーポリス

高周波とダイオードレーザーを組み合わせた治療機器。
電気エネルギーで真皮層の深層まで照射し、刺激することで真皮の細胞を破壊
それによってコラーゲンの産生を促す方法です。
真皮に弾力がよみがえることで2週間から3か月かけて皮膚がゆっくりと引き締まることでシワが改善します。

  • 効果が出るまで・・・1クール5回の設定をしているクリニックが多く、月に1度受けるので1クール5か月になります。
  • 所要時間・・・30分
  • 料金例・・・1回 22,000円 5回セット 100,000円

スキンタイトニング

赤外線と高周波(RF)の同時照射することで真皮層全体を加熱。
コラーゲン線維を収縮させ、傷を治癒・回復する力を使って新たなコラーゲンを増やします。
真皮全体に作用するため、シワの改善度が高いです。

  • 効果が出るまで・・・2週間~3か月かけてゆっくりと皮膚が引き締まりシワが改善します。1クール5回の設定をしているクリニックが多く、月に一度受けるので1クール5か月になります。
  • 所要時間・・・1回 60分程度。
  • 料金例・・・1回 24,000円 5回セット 110,000円

メリット・デメリット

レーザー治療を受ける女性

レーザー照射による施術は、リフトアップ手術やボトックス照射と比べ、安全性が高いといわれています。
それでも、実際にはメリットもデメリットもあります。

レーザー治療のメリット

・シワがなくなる
なんといってもシワがなくなることが最大のメリットです。

・すぐに外出ができる
外科的な手術とは違うので、目で見てわかるような傷がつきません。施術後、そのまま外出できますし、人に会うこともできます。

・ダウンタイムがない
外科的な手術の場合には、傷が治癒するまでに時間がかかり(ダウンタイム)その後やっと、効果が発揮されるようになります。レーザー照射の場合にはダウンタイムがありません。

・痛みが外科的手術より少ない
痛みには個人差があるので、万人が万人痛みを感じないということもありません。
軽い痛みを感じる場合もありますが、数時間で大体が落ち着くでしょう。

・治療回数が少ない割に効果の継続期間が長い
レーザー治療の方法によっては1回で1年間、効果が継続するものもあります。
考え方にもよりますが、治療回数が少なく効果が1年間継続するのは、外科的手術よりも肌への負担が少ないです。
継続期間が半年から1年間は短い、と感じる方にとってはデメリットかもしれませんが、外科的手術の場合にも、年数が経過すれば元に戻ることもありますし、ボトックス注射も回数頻度が高いもの。

自分にとってはメリットなのか、デメリットなのか見極める必要性はあるでしょう。

レーザー治療のデメリット

・ヤケドのリスク
レーザー照射は安全性が高い治療法ですが、ヤケドをしてしまうことがごくまれにあります。
その際には、必ずクリニックに伝えましょう。

・色素沈着
レーザー照射によって、肌が弱い、肌の調子が悪いといったときには色素沈着を起こしてしまうことがあります。

・頬がこける
肌を引き締めすぎてしまい、頬がこけてしまうことがあるようです。

・痛み、腫れ、かぶれ、水疱、赤みなど
痛みは個人差があるので、痛みに弱い人は痛みが増してしまうことがあります。
また、腫れや水疱、かぶれ、赤みはレーザー照射でのシワ治療ではよく起こる副作用です。
何日経過しても良くならない場合には、クリニックに連絡を入れ、適切な治療を受けるようにしてください。

<注意>
クリニックでのレーザー治療は、施術前に肌の状態や肌質、健康状態をしっかりと事前カウンセリングが行われます。

これらの副作用やデメリットは事前カウンセリングにおいてしっかりとチェックされ慎重に施術されれば起こりにくいデメリットです。

事前にしっかりとしたカウンセリングが行われているか、十分な実績や知識があるかなど、クリニックを調べておくことも重要なポイントです。

また、治療後は肌が敏感になっています。
そのため、少しの刺激や紫外線も刺激になってしまうので、炎症を招いてしまう可能性があります。
外出時はしっかりと紫外線のケアをし、顔を洗う時もゴシゴシと摩擦を起こさないように注意してください。

まとめ

シワを改善するためには、外科的な手術を行うリフトアップやボトックス注射などがあります。
しかし、近年では、外科的手術を行うよりも安全性の高いレーザー治療に注目が集まっています。
副作用も比較的少なく、ダウンタイムなどもないため日常生活に不便な思いをすることもありません。

スキンケアをしてもなかなかシワが消えない、年齢肌だから仕方がない。
でも、外科的手術はいや・・・と悩んだ時にはレーザー治療での方法がオススメです。
クリニックの選び方も重要になるので、満足な治療を受けられるクリニックを選ぶようにしましょう!

[スポンサードリンク]