シミだけじゃない!紫外線はシワの原因にもなるって本当?

[スポンサードリンク]



夏だけではなく1年中降り注ぐ紫外線はシミの原因になることは、有名ですよね。
しかし、紫外線はシミだけではなくシワの原因にもなるのです。

その理由は「紫外線による光老化」です。

光老化は紫外線の影響から起こる肌年齢の老化です。
シミやシワは年齢よりも老けてみられてしまいがちですから、なんとか対策を行いたいですよね。

そこで、紫外線による肌への影響と、光老化対策についてご紹介します。
普段のシワケア、シミケアに参考にしてみてくださいね。

紫外線でなぜシワが増えるのか?

紫外線を気にする女性

紫外線対策はなんとなくしないといけないな、と思いながらもうっかりと日焼けしてしまう人も少なくありません。

それは、紫外線の怖さをきちんと認識していないからなんです

紫外線の怖さはズバリ、肌の老化を早めてしまうこと。
紫外線を浴びている量によっては、5年後、10年後の肌の状態は左右されるといっても過言ではありません。

肌老化を早める紫外線による光老化とは

紫外線による光老化はシミを生み出すだけではありません。
紫外線を浴びた肌は、肌を守ろうとするためにメラニン色素を作り出します。
メラニン色素がうまく排出されないと、シミの原因になってしまいます。

だから、『紫外線対策シミ対策』と思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、紫外線対策を行うことはシミ予防、対策だけのためではありません。

紫外線を浴び、肌の真皮に到達すると、肌の水分を保つ、弾力を保つためのコラーゲンが破壊されてしまいます。
すると、肌を守ろうと、皮膚そのものが分厚くなります。水分が減っているため、ゴワゴワとした肌となってしまい、肌の色も濃くなってしまいます。

結果、シミシワたるみとなって現れてしまうのです。

年を取っただけでは、このような肌質の変化は起こりません。
紫外線によるコラーゲンの破壊は肌の弾力維持ができなくなり、皮膚のハリがなくなってしまうことを意味しています。

これが光老化なのです。

シミやシワの原因の70%は光老化によるものといわれています。

シワはたるみの原因

たるみの原因はシワと同じく、コラーゲンの変化によって起こります。
肌の弾力や水分を維持するためのコラーゲンに変化が起きれば、肌繊維全体のネットワークが崩れてしまいます。

頬を指でへこませると、へこませた部分にはシワができ、その周辺は皮膚がたるみますよね。
つまり、シワという切れ目が肌にできてしまうことで、周辺組織がたるんでしまう、ということなのです。

「私、陽に浴びてもシミできないほうなんだよね」
と言いながらも、たるみが生じていることもあり、その人の肌質、体質によっても紫外線による光老化の現れ方が異なることもあります。

紫外線の種類

紫外線が肌内部にダメージを与えている様子

紫外線はUV-A波UV-B波の2種類あります。
どちらも肌老化の原因となるものですが、特に光老化はUV-A波という紫外線によって起こります。

UV-A波は肌の深層にまで到達し細胞レベルの肌ダメージを与えます。
一方UV-B波は肌の表皮に影響が起きシミの原因となりますが、光老化の原因とはなりません。

光老化となるUV-A波は生活紫外線

UV-Aは真皮にまで到達しやすく、肌にダメージを与え老化を促進する紫外線です。
地表に降り注ぐ紫外線の9割がUV-A波です。

ガラスをも通過するため、家の中、車の窓ガラスも透過し肌に到達する紫外線です。
UV-A波を浴びると、肌ダメージが蓄積しゆっくりと黒くなり、シワやたるみを招きます。

UV-A波は波長が長く、肌のハリや弾力を生むコラーゲンやコラーゲン線維を結びつけるエラスチン、瑞々しさを保つヒアルロン酸などを作り出す線維芽細胞を傷つけます。

そのため、UV-A波を浴びてしまうと、肌の弾力がなくなり、シワやたるみといった肌老化が起きてしまうのです。

日焼けで赤くなるのがUV-B波

UV-B波は、レジャーなど屋外にいることで肌を赤くし炎症を起こしてしまう紫外線です。

海水浴や炎天下での活動で肌が赤く日焼けする経験は誰もがあることでしょう。
UV-B波をたくさん浴びると、すぐに肌が赤く炎症し、メラニンを生成、シミや色素沈着の原因となってしまいます。

UV-B波は波長が短く真皮にまで到達することはありません。
しかし、表皮にいろいろなダメージを与えます。

日焼けをした時に赤くなってしまい炎症が起きるサンバーン、メラニン色素が沈着してシミや肌を黒くしてしまうサンタンなどシミやそばかすの原因となります。

光老化対策とポイント

紫外線予防

暑さ寒さ、まぶしさ関係なく紫外線は日常的に地上に降り注いでいます。
そのため、どれだけ肌が紫外線を浴びているのかわかりません。
そこが紫外線の怖いところです。

「まだ大丈夫」などと油断していると、紫外線によるダメージはどんどん蓄積され、ある日突然、肌老化として急に現れてしまうのです。

そのため普段から、紫外線ケア化粧品、紫外線予防と対策、食生活を意識して行うことが大切です。

日焼け止め化粧品選びの3つのポイント

■SPFとPAをチェックする
SPFを重点に日焼け止めを選ぶ傾向がありますが、どちらもチェックして購入するようにしましょう。

SPF・・・UV-B波のカット効果を示します。SPFは何も塗っていない状態に比べ赤くなってヒリヒリする状態になるまでの時間を何倍に伸ばせるかが目安です。
例えばSPF10なら約10倍に伸ばせる、という意味です。

PA・・・UB-A波のカット効果を示します。PAは「+」の数値でカットの力を表しています。
+はやや効果がある、++は効果がある、+++は非常に効果がある、++++は極めて効果があるという意味です。

■紫外線吸収剤は注意
敏感肌の方の場合には日焼け止め化粧品に入っている「紫外線吸収剤」が肌に刺激になってしまうことがあります。できれば、紫外線吸収剤不使用、紫外線吸収剤フリー、ノンケミカルなどを選ぶようにしましょう。

・紫外線吸収剤とは?
紫外線吸収剤は肌の上で紫外線を吸収する働きをします。
化学的に吸収した光エネルギーを別のものに変換することで肌を守ります。
<代表的な成分名>
紫外線A波吸収剤・・・パルソールA、メキゾリルSXなど
紫外線B波吸収剤・・・桂皮酸、オキシベンゾンなど

■クリームタイプか乳液タイプを選ぶ
ローションやスプレー、ジェルなど肌触りが良いことや白浮き、べたつきが苦手な方には人気です。
が、ほとんどのものが紫外線吸収剤のみでできています。
吸収剤を含まないノンケミカル系の日焼け止めはクリームや乳液タイプに多いです。

紫外線を完璧にブロックするためには日焼け止めを塗る量に注意を

日焼け止め化粧品は塗る量が少ないと当然、効果が下がります。
例えば、SPF値20のものを塗っても量が少ないと、効果的にはSPF10程度しか得られないことも。SPF値は実際に人の皮膚を使って測定します。

使用される量は皮膚1平方cmあたり日焼け止め化粧品は2mgです。
つまり日焼け止め化粧品に表記されているSPF値はそれくらいの量で塗った場合の数値になります。
あまり薄く塗ると効果が得られないということになりますね!

うっかり!な日焼けは要注意!

紫外線は「天気な日だけ」「家の中にいれば大丈夫」と思っていたら注意です。
例え短時間でも外に出れば少しずつ浴びてしまっています。
また家の中でもガラスを通過してしまうUV-A波も見過ごせません。

■日陰も注意
紫外線には地表にまっすぐに届く直射光と空気中で四方八方に広がり地表に届く散乱光があります。
日陰にいても散乱光は届きます。

■長袖で防備していても紫外線は届く
洋服の上からでも紫外線は容赦なく通過します。
気が付かないうちに日焼けをしてしまっていることも・・・。
UV加工されたカーディガンやストールなどを羽織るようにしましょう。

■短時間でも外出時に紫外線を浴びている
洗濯ものを干したり取り込んだりするだけの短時間でも紫外線は肌に降り注いでいます。
朝からUVクリームを塗って1日中顔についている状態は肌に負担をかけてしまうので、洗濯物を干したり、ゴミを外に出しに行くという時には、帽子などをかぶるようにしましょう。

■生理前はUVケアを特に怠らないこと
生理前は黄体ホルモンの分泌が多くなります。
黄体ホルモンは紫外線の感受性を高めてしまうので生理前の時期は普段よりも日焼けをしやすくなります。
また妊娠中やピルを使っている時も同様です。
いつもよりこの期間は念入りにUVケアをしましょう。

シミ、シワ予防にはビタミンCを意識して摂る

シミ・シワ予防に効果的なのがビタミンCです。
ビタミンCはメラニンの沈着を抑え、できてしまったメラニン色素を還元し、シミを薄くする作用があります。
特に、紫外線が活発になり始める3月くらいから意識して摂るようにしましょう。
ビタミンCは体内にとどめておくことができないので1日数回に分けて摂るのがポイント。

美白サプリメントにもビタミンCは多く摂り入れられています。
サプリメントなら、1日に必要な量を摂ることもでき、数回に分けて飲むこともできますから、シミ、シワ予防に最適です。

肌老化には抗酸化物質が有効

肌老化は活性酸素による影響も大きいとされています。
紫外線が生み出す光老化は活性酸素の1つでもあります。

皮膚の中にはそういった活性酸素を除去する抗酸化物質「ウロカニン酸」や「グルタチオン」などがありますが、年齢とともに減っていきます。
そのため食事から抗酸化力を補うことが必要になります。

ビタミンA、C、Eは抗酸化力に優れた栄養素です。
この3つのビタミンはまとめて摂ることによって抗酸化力がアップするので、これらが1つにまとめられているサプリメントを選ぶようにしましょう。

まとめ

生きている以上、紫外線を浴びないというわけにはいきませんよね。
紫外線対策を行う、ということは紫外線とうまくつきあっていくことではないでしょうか。

紫外線に積極的には浴びないようにしながら、UVケア化粧品を使ったり、美白サプリメントなどを使うのも上手なUVケアの方法です。

光老化となる紫外線A波(UV-A)は波長が長く、天候、気温に関係なく、年間を通して地表に降り注いでいます。
「気が付いたら日焼けしていた」ということにならないように、紫外線のポイントを押さえて、紫外線による光老化を予防しましょう!

紫外線のことがわかったら、合わせてメラニン色素のこともチェックしておくのがおすすめです!
シミの原因「メラニン色素」を減らす方法を知っていますか?

[スポンサードリンク]