ダイエットしても肌荒れしない対策3つのポイント!

[スポンサードリンク]



ダイエットしたい!しかも、出来るだけ短期間で!そう考える人も多いことでしょう。

しかし、その短期間でのダイエットはあなたの肌をボロボロにして肌荒れを引き起こすかもしれません。短期間でダイエットをしたいのなら、肌荒れしないような対策も一緒にしておきましょう。

今回は、短期間でダイエットしても肌荒れしない対策についてご紹介していきます。

ダイエットで肌荒れする原因は?

ダイエットで肌があれた女性

ダイエットで肌荒れしてしまったという経験がある人も多いと思いますが、なぜダイエットをすると肌荒れしてしまうのでしょうか。

ダイエット中は、極端な食事制限やストレスによって体内では肌にとってマイナスに働くことが多くなりがちです。そのため肌荒れしやすくなってしまいます。

また、運動をせずに食事制限だけでダイエットをする場合は筋肉量が低下してしまい、肌のターンオーバーが遅くなってしまったり、血行不良によって肌にとって必要な栄養が運ばれなかったり、老廃物の排出が滞ってしまいがちです。

では、ダイエット中の肌荒れを防ぐためにできることをご紹介していきましょう。

ダイエット中の肌荒れを防ぐには

栄養素

いくらダイエットに成功しても肌荒れしている自分は理想の姿ではないはずです。ダイエット中の肌荒れは予防することが出来るので、肌荒れ予防法を知っておくことが大切です。

ダイエット中の肌荒れを防ぐ3つのポイントをご紹介しますので、参考にしてくださいね!

ポイント①摂るべき栄養素

肌は食事で摂取した栄養素から作られます。極端な食事制限でダイエットする場合、健やかな肌細胞を産生する栄養素が不足してしまうことによって肌荒れを引き起こしてしまいます。

ダイエット中でも肌荒れを予防するために摂取しておきたい栄養素を覚えておきましょう。

中でも、ビタミン、タンパク質、脂質はダイエット中に不足しやすい栄養素です。
タンパク質は皮膚を形成する土台となる栄養素なので、不足するとハリが無くなりシワやたるみを引き起こします。

特にダイエット中は肉や魚といった動物性のタンパク質が不足しがち。大豆製品などから植物性のタンパク質は摂取できますが、タンパク質の含有量は肉や魚の方が多く、体内で合成しやすいので利用効率が高いという特徴があります。

また、ビタミン類は肌荒れ予防には重要な栄養素です。ダイエット中は偏った食生活になりがちですが、ビタミンは単体ではなく相互的に働くという特徴があるので色々なビタミンを摂取するように心がけましょう。

脂質はダイエット中に避けがちな栄養素ですが、肌の潤いを保つために必要な栄養素です。脂質を完全にカットしてしまうのではなく、適度に脂質を摂取して乾燥を防ぐことが肌荒れ防止になります。

ポイント②運動を取り入れる

運動が苦手な方は食事制限のみでダイエットをしてしまいがちですが、食事で栄養素をしっかり摂取できない上に運動もしないとなると筋肉量はどんどん減少していきます

筋肉量が低下すると基礎代謝が落ちるのでダイエット効果も減少しますし、血行不良になりやすくなって肌の生まれ変わり(ターンオーバー)も乱れてしまいます。

筋肉量が低下すると老廃物の排出が滞りがちになるので、肌がくすんだりシミが濃くなったりします。また、ニキビや吹き出物もできやすくなります。

適度な運動は肌荒れを防ぐだけでなく、ダイエットを成功させるためにも重要だということです。

ポイント③ストレス対策

ダイエットのストレスも肌荒れの原因になることがあります。

ストレスを受けると活性酸素が発生します。活性酸素は細胞にダメージを与え、免疫力を低下させてしまいます。そのため、肌荒れを引き起こしてしまうのです。

また、ストレスによって自律神経が乱れるとターンオーバーを乱れさせ肌のバリア機能を低下させます。また、ホルモン分泌にも影響を与えるため、ホルモンの影響による肌荒れにも繋がります。

ダイエット中はどうしてもストレスを抱えてしまいがちですが、肌荒れを予防するためには自分なりのストレス発散法を見つけて適度にリラックスしてダイエットを継続するようにしましょう。

もし肌荒れしてしまった場合は…

丁寧にスキンケアを行う女性

もし、肌荒れしてしまった場合は、サプリメントや栄養ドリンクで必要な栄養素を補給したり、スキンケアを見直してみることがオススメです。

肌荒れをしてしまっている肌には美容液やパックといったスペシャルケアは刺激が強すぎます。洗顔を丁寧に行ったり、化粧水乳液の適量をしっかり使うといった基本的なスキンケアを重視するようにしましょう。

一時的に敏感肌用のスキンケアを使用するといったこともオススメです。

また、肌の生まれ変わりは寝ている間に行われます。

睡眠不足の場合は肌荒れを長引かせてしまいますので、良質な睡眠をとれるよう規則正しい生活を送るように意識しましょう。

まとめ

ダイエットに成功しても肌がボロボロになってしまっては成功とはいえません。

肌荒れを予防しながらダイエットをして、本当の意味でダイエットを成功させましょう。

[スポンサードリンク]