ホルモンが肌に与える影響とは!?ホルモンバランスを整える方法

[スポンサードリンク]



女性にとって、切っても切れない関係性がある『女性ホルモン』。

女性ホルモンのバランスを保つことは、身体のバランスを保つことに繋がっています。
また女性ホルモンが影響するのは、も一緒!

あなたは女性ホルモンが肌にどのような影響を与えるのかご存知ですか?

そこで今回は、『女性ホルモン』に焦点を当て、その詳細や肌との関係性、ホルモンバランスの整え方についてご紹介します!

ホルモンって何?

肌を気にする女性

ホルモンとは、簡単に説明すると化学物質です。
内分泌腺という場所で生成され、身体の働きを調整しています。

身体の内側や外側で何らかの変化が起きたとき、このホルモンの働きによって、元の正常な状態に戻すことができるということです。

そして女性にとって重要なのが、女性ホルモンです。
女性ホルモンは大きく分けて2種類!

  • 卵胞ホルモン=エストロゲン
  • 黄体ホルモン=プロゲステロン

肌との関わりが深いホルモンになります。

卵胞ホルモン

いわゆるエストロゲンと呼ばれるホルモンです。

  • 月経後~排卵までに、徐々に分泌量がアップする
  • 月経直前に減少する

という特徴があります。

■肌との関係性
卵胞ホルモンには…

  • 皮脂腺の分泌抑制作用
  • コラーゲンの合成促進作用

があります。

つまり、卵胞ホルモンの分泌が安定することで、肌のバリア機能は高まり、潤いやハリのある美しい肌を保つことができるということです。

黄体ホルモン

いわゆるプロゲステロンと呼ばれるホルモンです。

  • 排卵後~月経直前まで分泌量がアップする
  • 月経直前に減少する

という特徴があります。

■肌との関係性
黄体ホルモンには…

  • 皮脂の分泌促進作用
  • 皮膚の肥厚促進作用

皮脂の分泌が促進するということは、肌質がオイリーに傾き、毛穴の詰まりやニキビなど肌トラブルを引き起こしやすい状態になるということです。

月経と肌との関係

月経

先ほどもご紹介したように、女性ホルモンは月経と大きく関係しています。

  • 月経後~排卵まで=卵胞ホルモン(エストロゲン)優位
  • 排卵後~月経まで=黄体ホルモン(プロゲステロン)優位

ということです。

月経後から肌の調子が良くなるのは、エストロゲンが優位な状態にあるためということです。
つまり美肌を保つためには、エストロゲンの分泌安定が不可欠ということになります。

また、逆に考えると月経前になると肌の調子が悪くなるのはプロゲステロンが優位になることで、肌トラブルが起きやすい状態になっているためということですね。

プロゲステロンの分泌量が増えると、イライラしたり気分が落ち込んだりと、精神的な面にも影響を及ぼします。

ストレスを感じると、エストロゲンの分泌量は減少し、プロゲステロンの分泌量はさらにアップ!
つまりさらに肌トラブルを引き起こしやすい状態になってしまうということです。

ホルモンバランスを整える方法

睡眠

生活習慣を改善する

生活習慣を改善することで女性ホルモンを整えることが可能です。

■十分な睡眠を取る
美肌を作るのに大切なのが、『成長ホルモン』です。
成長ホルモンが活発に働くのは眠ってから2~3時間!

寝不足になると体がストレスを感じることで、交感神経が刺激され、男性ホルモンが活発化します。
男性ホルモンには皮脂の分泌促進作用があるため、肌トラブルを引き起こしやすい状態になってしまいます。

また男性ホルモンが活発になると、必然的に女性ホルモンであるエストロゲンの働きは抑制されてしまうんです。

『男性ホルモンの分泌量アップ+エストロゲンの分泌量ダウン=肌トラブルを引き起こす!』
ということですね。

ですからストレスがかからないよう、1日7~8時間の睡眠を心がけるようにしましょう!

■適度な運動を心がける
運動不足になると筋力が低下し、筋肉量も落ちてしまいます。特に女性は男性に比べ、筋肉量が少ないです。
筋肉は発熱をする大切な部位!

また心臓だけでなく筋肉も、全身に血液を送るポンプのような役割をしていますから、筋肉量が少ないということは、それだけ血液の流れが悪くなるということ。

血液の流れが悪くなるということは、身体の循環動態が崩れるということです。
その結果、自律神経にも影響を及ぼします。

自律神経はホルモンバランスを保つ重要な役割をしています。
つまり自律神経が乱れるということは、女性ホルモンのバランスも乱れるということです。

自宅でできる簡単なストレッチを取り入れたり、一日20分以上のウォーキングを心がけるようにしましょう。

■ストレスを解消する
ストレスを感じることでエストロゲンの分泌量は減少し、プロゲステロンの分泌量はアップするとご紹介しました。

つまりストレスを溜め込まない生活習慣が大切ということです。
自分なりのストレス解消法を、普段から取り入れた生活を送るようにしましょう。

食べるものに気をつける

実は女性ホルモンを増やす食事というのは、残念ながら存在しません。
ただバランスの良い食事は大切!

中でも、エストロゲンに似た作用のある大豆イソフラボンは有効です。
納豆や豆腐などの大豆製品を摂取するよう心掛けましょう。

また老化の原因となるのが、肌の酸化です。
抗酸化作用のある、ビタミン類やポリフェノールの摂取が効果的です。

まとめ

美肌を目指す女性にとって大切な、女性ホルモン
バランスを保つことが、なによりの課題!

そのために、生活習慣の改善や食事に気をつけることも大切だということがわかりました。

これを機にあなたも、女性ホルモンのバランスを保てるような生活を心がけ、美しい肌を手に入れてみてはいかがでしょうか!

[スポンサードリンク]