活性酸素がお肌の老化を促進する!発生原因と対策方法

[スポンサードリンク]



年齢を重ねるごとに増えていく肌トラブル。
鏡を見て、肌の老化を実感すると、気分も落ち込んでしまいますよね。

肌老化を引き起こす一因は、『サビ』!
「サビって、あの金属の?」
と疑問に思った方もいるでしょう。

そのとおり!
私達の肌も金属や鉄と同じように、徐々にサビついてしまうんです。

肌のサビの原因は、『活性酸素』です。
「活性酸素って聞いたことあるけど、よく知らない…。」
という方も多いかもしれませんね。

そこで今回は、『活性酸素』に焦点を当て、その招待やへの影響、予防対策についてご紹介します!

活性酸素とは

疑問を持つ女性

活性酸素とは

肌がサビることを、酸化といいます。
酸化に影響を及ぼす酸素が、『活性酸素』です。

私達が普段吸っている空気には約20%の酸素が含まれています。
取り込まれた20%の酸素のうち、約2%が自然に体内で発生する活性酸素となります。

この活性酸素は、実は人間の体にとって必要な物質でもあるんです。

  • 体内に侵入してきた細菌を攻撃してくれる
  • エネルギーを作り出す過程で余分に作り出された水素と結合し、水分となって体外へ排出する

これだけみると、体に悪さをしそうにないですよね。
しかし問題となるのが、活性酸素が増えすぎた場合!

本来であれば、有害物質を攻撃してくれる優秀な働きをしていますが、過剰に分泌された場合、正常で良質な細胞とも結びついてしまいます。

活性酸素が発生する原因

  • 紫外線
  • 腸内環境の乱れ
  • 過度な運動
  • ストレス
  • タバコ
  • 医薬品
  • 添加物
  • 加工食品
  • 排気ガス
  • 電磁波

など様々!

これらの影響で、体内に有害物質と判断されるものが取り込まれると、防衛機能が働くことで、活性酸素の分泌が一気に増えるということです。

活性酸素がお肌にどんな影響を与える?

肌荒れを気にする女性

シミが発生する

活性酸素が体内で増えると、メラニンの生成を抑制できなくなってしまいます。
本来メラニン色素は、肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期によって、徐々に肌表面に押し上げられ、約28日後に垢となって排出されます。

しかしメラニンの生成が抑制できなくなることで、メラニン色素がどんどん発生!
ターンオーバーでの排出では追いつかなくなることで、シミとして肌表面に残ってしまうということです。

お肌の潤いやハリが失われる

活性酸素が増えることで、肌内部ではコラーゲンやエラスチンという成分が減少してしまうんです。

コラーゲンやエラスチンは、肌の潤いやハリを保つ大切な役割をしていますから、結果として、シワたるみなど肌の老化を引き起こしてしまうということです。

皮膚がんを発症するリスクもあり

夏は春や冬に比べ日差しが強いですよね。活性酸素もその強い日差しに対抗するため、効果をアップ!
強力になった活性酸素は、発がん性物質を生み出してしまう場合があるんです。

しかも活性酸素が増えることで、免疫力も低下しますから、皮膚がんになる危険性を一層強めてしまうということです。

活性酸素の発生を防ぐにはどうしたらいい?

正しい生活習慣

生活習慣を見直す

活性酸素の発生を防ぐためには、その原因を取り除くことが大切です。

●紫外線対策をする
紫外線は、肌にとっては有害物質ですよね。
活性酸素の発生を促進させる原因です。

大切なのは、日頃から紫外線対策をすること!

  • 日焼け止めクリーム
  • 日傘
  • 帽子

などを活用して、紫外線を防ぐようにしましょう。

日焼け止めクリームは汗などで落ちてしまうこともありますので、こまめに塗り直すことが大切!
また日焼け止めクリームを塗った際は、肌に残したままにすると、ターンオーバーの周期を乱す原因ともなりますので、優しく丁寧に、洗い残しがないよう心掛けましょう。

●飲酒や喫煙を抑える
アルコールを分解するのは肝臓です。
分解の際、体内では大量にエネルギーを消費することになります。
その過程で活性酸素が発生!

また、タバコのニコチンやタールは体にとって有害物質です。
こちらも防衛機能が働くことで、活性酸素を一気に分泌させます。

過度な飲酒や喫煙は控えましょう。

●ストレスを抑える
ストレスを感じると、体内では『副腎皮質ホルモン』が分泌されます。
これは、副腎皮質ホルモンを分泌することで、ストレスを緩和しようとするためです。

そして、この副腎皮質ホルモンの分泌と分解の過程で発生するのが活性酸素!

上手にストレスを解消できるよう、自分なりのストレス解消法を普段から行うことをオススメします。

●激しい運動は控える
激しい運動は呼吸回数を増やします。
つまり取り込む酸素量が増えるということ!

取り込む酸素量が多くなるとともに、体内で発生する活性酸素量も増えてしまいますから、激しい運動は控えましょう。

食習慣を見直す

活性酸素の発生を防ぐには、抗酸化作用のある食べ物が効果的です。

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ポリフェノール
  • ミネラル

などが有効です。

果物や緑黄色野菜、大豆製品、ナッツ類などを摂取するよう心掛けましょう。

まとめ

肌老化を防ぐには、いかに活性酸素を発生させないかが大切です。

しかし私達の普段の生活で、活性酸素の発生を完全に防ぐことはできません。
ただ対策は可能!

生活習慣の見直しを行い、自ら有害物質を取り込まない努力が必要ということですね。
これを機に、あなたも活性酸素対策をして、若々しい健康的な肌を手に入れてみてはいかがでしょうか!

[スポンサードリンク]