肌荒れの『かゆみ』の原因は?掻くのはNG、正しい対処法とは!

[スポンサードリンク]



ガサガサ、カサカサとした肌荒れが起こると、同時にかゆみが生じる・・・
という方も少なくないのではないでしょうか。

肌荒れだけならまだしも、痒みが生じてしまうと、スキンケアによって刺激を受けやすくなってしまい、痒みがひどくなる、ということもあります。

肌が痒くなる原因と、肌荒れによる痒みの対策方法を知ることで、かゆみの出ない肌を目指していきましょう。

肌のかゆみの原因は?

肌がかゆい女性

肌にかゆみが起きる原因は、蕁麻疹や皮膚湿疹などの時によく聞く「ヒスタミン」などのかゆみ物質が何等かの刺激によって作用してしまうことによる、とされています。

蕁麻疹になったことがある方はご存知かと思いますが、かゆいところをかくと、さらに痒みが増しますよね。これは、皮膚をかくことで刺激を受けてしまい、かゆみ物質がさらに分泌されてしまうからです。

いわゆる、悪循環というわけですよね。

さらに、何度も肌をかいているうちに、肌に炎症が起きてしまったり、かいた部分に色素沈着が起こり、シミになってしまうこともあるので、かきむしるのは避けてくださいね。

肌のかゆみ物質の原因となる刺激物や、肌のバリア機能が低下することで刺激を受けてしまうこともあります。
また、花粉症や乾燥しがちな秋や冬になると、肌が痒くなるといった場合もあります。

かゆみの原因となる刺激とは

肌が痒くなる原因は多岐にわたりますが、主となる原因は肌の乾燥バリア機能の低下によるもの、さらに、外部からの刺激によってバリア機能が低下してしまうことにあります。

バリア機能は肌の一番外側である表面部分(表皮)を外部からのウィルスや細菌の侵入を防ぎ、体内から補われている水分の蒸発を防ぐ働きをしています。

ところが、エアコンなどの乾いた空気や秋、冬の乾燥した季節には角層にある水分が減少してしまいます。すると、肌の表面の水分だけではなく油分まで失われてしまうので、外から受ける刺激をモロに受けやすくなってしまいます。

するとバリア機能も低下し、かゆみを生じるようになってしまうのです。

また、年齢によるバリア機能の低下も同様に肌の乾燥をまねき、痒みが生じやすくなります。

水分、油分両方とも乾燥によってバリア機能が低下した状態をドライスキンと言い、少しの刺激に対しても肌が敏感に反応するようになります。
眠るときに布団が少し擦っただけでも痒い、マスクをすると痒いなどはバリア機能が低下したことから起こる痒みです。

また、花粉症の人も花粉による刺激によって体内のヒスタミンが過剰に分泌し目が痒くなったり、鼻がむずむずするようになります。
花粉症かつバリア機能が低下した状態になるとマスクをしても鼻は痒い、目も痒いだけではなく、マスクが触れている部分も痒いという状態に…

肌がかゆい時の対処法は?

氷

肌が痒いからとゴシゴシと掻くのはNG!ということは皆さん、ご存知でしょう。
足や腕なら、痒み止めのクリームなどを塗れば痒みは治まりますが、顔の肌にはなかなか痒み止めクリームは塗りたくないものですよね。

そんな時にはどんな風に痒みを対処すればいいのか、いくつかポイントをご紹介しますね。

患部を冷やす

痒い部位や箇所を冷やすと、痒みが治まります。
多くの皮膚科医によっても「痒みは冷やすことで治まる」とされていますので、痒みを生じた部位は、保冷剤をハンカチなどでくるんで抑えてみたり、ガーゼを濡らして抑えてみると良いです。

ビタミンを意識して摂る

ビタミン類を意識して摂ることで、肌の代謝をサポートし、ターンオーバーを促進することで肌荒れ、乾燥肌を改善し、痒みを生じない肌にすることが可能です。

特にビタミンCは肌の乾燥によって起こる痒みを緩和し、海外ではアトピー肌の改善にも効果が期待されています。高い抗酸化作用があることから、肌のさび付きを予防し、コラーゲンの生成を助け健康的な肌を維持します。

空気の乾燥を防ぐ

肌の乾燥は内側からだけではなく外側からの影響も大きいので、できるだけ冬はを行いましょう。

暖房器具を使いすぎず加湿器を使って保湿対策を行いましょう。乾燥している室内には、濡れた洗濯物を干す、ストーブにやかんをかけるなどをすることでも保湿効果はあります。

夏でもクーラーを使いすぎると喉が乾燥してイガイガするのは空気が乾燥している証拠。夏でも乾燥対策を怠らないように注意してくださいね。

刺激の少ない保湿ケアをする

肌が乾燥している状態は、敏感な状態になっている証拠。
クレンジングや洗顔料から見直し、できれば低刺激なものを使って洗顔しましょう。

また洗う時のお湯の温度も38度くらいまで。温度が高いと肌に刺激を与えるだけではなく、肌の保湿物質であるセラミドを洗い流してしまいます。洗顔は低刺激のものを使い、こすらず、ぬるいお湯で洗うようにしましょう。

肌の痒みを生じないようにするためには乾燥が最もNGなので、保湿を徹底して行いましょう。洗顔後の保湿はセラミドを代表としたコラーゲン、ヒアルロン酸など保湿物質の入った美容液で保湿ケアしてください。

乾燥するからといってフェイススプレーで顔を濡らすのはNGです。気化熱によって、肌の水分まで一緒に奪って蒸発してしまい、さらに乾燥を招いてしまいます。日中の乾燥が気になるときには、セラミドやヒアルロン酸配合の美容液を手のひらにとって広げ、乾燥した部分を軽く押さえるようにつけます。

こすらない限り、メイクが崩れることはありません。

肌荒れ悪化の原因に!かゆい時にやってはNGなこと

注意をうながす女医

肌荒れが悪化してしまうような、NG行為は要注意
痒みをそのまま放置するのはツライものですが、上でもご紹介したように、痒いところをポイントで冷やすなど痒みを上手に逃してください。

肌を掻くと肌荒れの原因に

肌が痒いからと掻けばかゆみ物質が「掻く」という刺激によって増加してしまい、ますます痒みが生じるようになってしまいます。

痒い部分をかきむしるようになれば、肌荒れにつながり、肌荒れから痒みが生じます。悪化するとこのような悪循環から、色素沈着につながりシミの原因となってしまいます。

痒い部分を掻くと赤みを生じますよね。一定の時間が経過すれば、通常は消えますが、痒みが起こる、ということは炎症が生じている、ということ。

炎症が生じている肌を掻きむしれば、肌荒れになってしまうのは言うまでもありませんよね。

しっかりメイクは乾燥のもと

肌荒れを起こしていると、メイク乗りが悪くなるので、どうしてもファンデーションを厚く塗ってしまいがち。さらにチークもプラスして肌荒れを隠さなくちゃ!と思っている方、少なくありませんよね。

でも、メイクは一種の刺激物。肌に良いものではありません。
肌荒れを隠そうとすれば、どんどんメイクが濃くなっていき、メイクによる刺激によって、ますます肌荒れが悪化してしまいます。

指やメイク用品は肌に刺激を与えます。メイクの原料も肌荒れには刺激があります。

肌荒れが起きている時には、メイクは薄めを心掛けてください。

まとめ

肌荒れによって、肌が赤くなったり、痒くなったりすると、どうしても掻きむしりたくなってしまうもの。
できるだけ、掻かずに痒みはやり過ごすことが大切です。

肌荒れは、年齢や刺激によってバリア機能が低下することから起こるものがほとんどですが、食事の栄養バランスが乱れても肌荒れを起こすようになりますし、睡眠不足も美容の敵。

規則正しい生活、バランスの取れた食事を心掛け、保湿を普段から徹底的に行ってくださいね!

[スポンサードリンク]