EGFの美容効果は?どうやってEGF配合化粧品を選べばいいのか?

[スポンサードリンク]



最近はさまざまな美肌成分の研究が進められ、化粧品も進化を続けています。
成分によってもたらす効果も違うので、お肌の状態に合わせて化粧品を選べるようになったのは嬉しい限りですね。

そんな数ある美容成分の中でも、今注目されているEGFをご存知ですか?
実はこの成分、ノーベル賞を受賞するほどの驚きの効果があるんです。一体どのような成分なのか、その美肌効果とEGF配合化粧品についても詳しくご紹介します。

「EGF」って何?

疑問を持つ女性

EGFは英語の「Epidermal Growth Factor」の頭文字をつなげた略称で、日本語では上皮成長因子、上皮細胞再生因子などと呼ばれています。人間の皮膚や唾液、母乳などに含まれているたんぱく質で、肌の再生には必要不可欠な成分なのです。

EGFは歴史的に価値がある成分

1962年、アメリカの生化学者であるスタンリー・コーエン博士がマウスの顎下腺からEGFを見つけ、この成分が皮膚の細胞を活性化していることを明らかにしました。この画期的な発見でコーエン博士はノーベル生理学賞・ノーベル医学賞を受賞し、その後多くの研究が重ねられ、一般的に広く知られるようになったのです。

EGFは発見当初、火傷の治療や皮膚移植などの医療分野での使用が目的でした。
また、あまり多くは抽出できなかったので、1グラム約8000万円と高価で、そう簡単に手の届くようなものではなかったのです。

しかし技術の進歩によって大量生産が可能となり、2005年には厚生労働省から化粧品の成分として認可され、美容分野でも幅広く使われるようになりました。

EGFの特徴

EGFの一番の特徴は、皮膚表面の細胞の修復や再生を促す成長因子であること。人間は「ヒト成長ホルモン」によって成長を続けていますが、20歳を過ぎると急激に減少し老化現象がみられるようになります。しかしこの成長因子によって、成長ホルモンを活性化させることができるのです。

要するに、細胞分裂を活発にさせ、新たな細胞をどんどん生み出して新陳代謝を上げる働きがあるというわけです。特にEGFは表皮幹細胞に直接働きかけ、肌の深層ではなく表皮の細胞を増殖させる作用があるため、美肌効果が大いに期待できます。

EGFの美肌効果

肌が綺麗な女性

そんな優れた成分のEGFですが、肌の細胞を活性化させることが実際にどのような美肌効果につながるのか、詳しく見ていきましょう。

ターンオーバーを正常化させる効果

お肌のトラブルの多くは、加齢やストレス、生活習慣などによって引き起こされるターンオーバー(新陳代謝)の乱れが原因です。皮膚は常に古い角質が剥がれ落ちて新しいものと入れ替わっていますが、周期に乱れが生じると古い角質が肌の表面に残り、新しい角質も生成されづらくなります。

EGFは停滞している細胞の増殖を促し、常に古い角質との入れ替わりを活性化させるため、ターンオーバーの周期が安定します。その結果、お肌はくすみシミにきび跡などのないのはもちろん、傷の治りも早くなり、健康な状態を保つことができるようになるのです。

シワの発生を防止する効果

くすみやシミと同様、絶対に防ぎたいシワ。きれいな肌をしていてもシワがあるだけで老けた印象を与えてしまいます。そんなシワ取り治療で有名なのがボトックス注射ですが、効果がある反面、表情の変化やこわばり、ひきつり感などの副作用が心配になりますよね。

そんな心配を解消してくれるのがEGF。実は「塗るボトックス」と呼ばれ、その呼び名の通り、肌に塗るだけでボトックス注射と同様にシワ取り効果があるのです。しかもEGFは毒素もなく、塗りすぎることで肌にダメージを与えるような副作用などもありませんので安心して使えます。

ただボトックスほど強力な効果は期待できませんので、長く使い続けることが大切です。肌の代謝が上がり、シワ取りはもちろん、シワになりにくい肌になります。

肌にハリをもたらす効果

お肌のハリを保っているのは線維芽細胞、または真皮繊維芽細胞とも呼ばれる、コラーゲンヒアルロン酸などを生成する細胞です。繊維芽細胞は真皮にあり、紫外線や酸化などのダメージを受けると停滞し、コラーゲンなどのハリをもたらす成分も減少してしまいます。その結果、真皮が衰えてしまい、お肌のハリやツヤもなくなってしまうのです。

EGFが持つ細胞の再生や活性作用が、線維芽細胞の増殖を助け、コラーゲンやヒアルロン酸の減少を抑えるので、お肌は常にハリのある状態になります。

その場しのぎのケアではなく、細胞に直接働きかけて、肌本来の持つ力を内面から引き出すことができるのがEGFという超万能成分なのです。

EGF化粧品の選び方は?

EGF化粧品

こんなに素晴らしい成分ならば、早速EGF配合化粧品を試してみたいところですが、種類も豊富で値段も高めの化粧品ですので、慎重に選ぶことが大切です。実際にEGF化粧品を選ぶ上で品質や配合量など、注意するべき点をご紹介します。

EGFは別名称で化粧品に配合されているので間違わないようにする

化粧品は全ての配合成分をパッケージに記載することが定められています。EGF配合化粧品の場合は当然成分表示にEGFの文字があるはずなのですが、実はEGFの表示名称は「ヒトオリゴペプチド-1」といいます。いくら探してもEGFとは記載されていないので注意してください。

EGFの配合量を確認する

EGF配合の化粧品といっても、ものによって品質や配合量が違い、得られる効果も変わってきます。配合量や濃度の規定がないため、安全で効果のあるEGF化粧品を探すのは容易ではありません。

そこで目安となるのが、日本EGF協会に認定されている商品かという点です。細胞が活性される規定以上のEGF成分が配合されているのか(1mlまたは1gあたり100IU)、品質に問題はないのかなど、さまざまな厳しい審査をパスした化粧品のみが認定されるので、安心して使用できます。

ドクターが監修しているものを選ぶ

EGFはとてもデリケートな成分。配合の仕方で品質が落ちたり効果が薄れたりもしますので、ドクターズコスメ(メディカルコスメ)がおすすめです。開発に皮膚科医などのスペシャリストが携わっているので、科学的根拠がしっかりしていて品質も保証されています。

まとめ

EGFの優れた再生、修復作用がもたらす美肌効果と、EGF化粧品を選ぶうえでの注意点などについてお話してきました。まだ試したことがない人はこれを機にぜひ素晴らしい効果の数々を実感してください。

EGFを使い続けることで、肌本来の持つ力を最大限に引き出し、お肌の内側からきれいになりましょう。

[スポンサードリンク]