ピーリングのポロポロの正体は角質ではなかった!?

[スポンサードリンク]



美しい肌をキープするには、ターンオーバーの周期を正常に保つことが必須!
そのためにできるだけ古い角質を、肌表面に残さないことが大切です。

そんな知識から、「市販のピーリング剤によるケアは効果的!」
と思ってはいませんか?

市販のピーリング剤を使用すると、どんどん出てくる角質のような白いポロポロ…
「古い角質が出てきてる!これでキレイな肌になれる!」
そう感じている方は少なくないでしょう。

確かに古い角質を残さないのは、重要です。
しかし市販のピーリング剤を使用した時の白いボロボロは、古い角質だけではないかもしれませんよ!

そこで今回は、『市販のピーリング剤』に焦点を当て、白いボロボロの正体や使用方法、注意点についてご紹介します!

白いポロポロは角質ではない!

驚く女性

市販のピーリング剤を使用したときに出てくる、あの白いボロボロは…
実は角質だけではないんです!

では白いボロボロの正体とは、一体何なんでしょうか?

白いボロボロの正体とは?

市販のピーリング剤に含まれている主な成分は…

  • AHA(フルーツ酸):リンゴ酸、グリコール酸、クエン酸、乳酸など
  • BHA:サリチル酸

これらの成分が古い角質を落としてくれるということになります。

しかし、市販のピーリング剤に含まれているのはこれらの成分だけではありません。
カルボマー』と呼ばれるゲル化剤。

オールインワンゲルなどにも配合されているスキンケア成分ですが、このゲル化剤が、まさに白いボロボロの正体なんです!

カルボマーは摩擦を加えることで、ゲルが固まり、白いボロボロとしたカスを出す性質があります。
これが「白いボロボロがたくさん取れた!古い角質が落ちてる!」と勘違いしてしまう原因ということですね!

しかし、市販のピーリング剤を使用すると、確かに肌がツルツルしたような印象を受けるという方はいませんか?
これはカオチン界面活性剤の成分が配合されているため!

カオチン界面活性剤はトリートメントなどにも使用される、肌に膜をはることでツルツル感を出すことが可能な成分なんです。

ツルツルとした感触をゲットできる一方で、肌への刺激が強いというデメリットがあります。

市販のピーリングは角質ケアの効果なし?

鏡を見る女性

先ほどご紹介したように、市販のピーリング剤を使用した際に出てくる白いボロボロの正体は、ゲル化剤の効果によるものが大半ですが、確かに古い角質を除去してくれるという効果も少なからず期待できます。

古い角質が取り除かれると、以下のような効果が得られます。

  • 肌のターンオーバーを正常化する
  • シミやニキビ跡の改善
  • くすみの改善
  • 乾燥の改善
  • 毛穴の開きや毛穴の黒ずみの改善
  • ニキビの予防と改善
  • 肌にハリや潤いを与える

しかし、これらはあくまで、肌を溶かしたり削ったりした結果得られた効果です!
つまり肌には大きな負担が掛かっているということですので、使用には注意が必要ということですね。

市販のピーリングの使い方と注意点

女医

市販のピーリング剤を使用すると、肌に大きな負担をかけるということがわかりました。
だからこそ、使用が必要な肌の状態を見極める必要があります。

ピーリング必要な肌状態とは…

  • 化粧水が浸透していかない
  • 保湿をしても乾燥が目立つ
  • 肌がくすんでいる
  • 肌がごわついている
  • 毛穴の黒ずみが目立つ
  • 肌のキメが荒い
  • ファンデーションのノリが悪い

これらは全て、古い角質が溜まっていることで起きる肌トラブルです。
このような肌状態になった場合にのみ、市販のピーリング剤の使用をオススメします!

市販のピーリング剤の使用方法
①洗顔後、水分を拭き取る
②ピーリングジェルを顔全体に広げる
③優しく円を描くようにマッサージする(特に毛穴の黒ずみや肌のザラつきが気になる部位を中心に行う)
④ぬるま湯でジェルをすすぐ
⑤保湿ケアを行う

市販のピーリング剤の注意点は?

■使用頻度を守る
市販のピーリングジェルは、肌に大きな負担を与えます。
そのため使用頻度を守ることが非常に重要です。

また、あくまで先ほどご紹介した『ピーリングが必要な肌状態』になった場合にのみ使用することを忘れないようにしましょう。

■使用後の保湿ケアを怠らない
市販のピーリング剤を使用した後は、肌は無防備状態
強い摩擦によりバリア機能が失われていますから、外からの刺激や肌内部の水分蒸発を防ぐことができません。

ピーリング後はなるべく早く、たっぷりの化粧水で水分を補い、乳液やクリームで水分蒸発を防ぐよう蓋をするようにしましょう。

■重大な肌荒れがある場合は使用しない
炎症が酷いニキビなど、重大な肌荒れがある場合に市販のピーリング剤を使用すると、強い摩擦がさらなる症状の悪化を引き起こす危険性が高いです。

重大な肌荒れがある場合は、使用を控えましょう。

まとめ

古い角質を除去するのに効果がある反面、肌に大きな負担となってしまう市販のピーリング剤。
しかも古い角質と信じていた白いボロボロの正体は、ゲル化剤のカスが大半…。

ピーリングが必要な肌状態を見極め、注意点を守って使用することが大切です。

ピーリングが必要のない美しい肌作りには、普段からのスキンケアを見直すことが第一歩になるのかもしれませんね!

[スポンサードリンク]