毛穴の角栓がぽろり!誰でもできる簡単な角栓対策まとめ

[スポンサードリンク]



多くの女性が悩みを抱える毛穴トラブル。その中でも「角栓」は、誰もが一度は引き抜いてみたことがあるのではないでしょうか?

ただ、何回引き抜いてみても角栓がニョキっと復活してしまいますよね。そこで、どうにかして毛穴の角栓をなくそうと奮闘している女性も多いはず。

今回は、角栓の原因と簡単にできる角栓対策についてまとめました。

角栓対策にきっと役立つと思うので、参考にしてみてくださいね。

取りたいのに取れない!白い角栓の正体とは…

角栓を正体を「毛穴に詰まった皮脂」だと思っている方も少なくありません。

しかし、実際のところ「皮脂」は角栓のごく一部にしか含まれていないのです。

角栓のうち、皮脂が占める割合は約3割だと言われています。残りの7割は別の物質から構成されているのです。

その角栓の約7割を占めている主成分というのが「タンパク質」です。

肌の細胞はタンパク質から作られていて、細胞周期により生まれ変わったり、何らかの衝撃を受けたときに、肌の表面から剥がれ落ちていきます。この肌の表面の細胞のことを「角質」と言います。

しかし、本来ならば、自然に剥がれ落ちるはずの角質ですが、何かしらの原因で肌の細胞の循環が滞ると、古くなった角質も剥がれ落ちずに肌表面ににとどまるようになります。

そして、古い角質が肌表面の皮脂や汚れと混ざり合って毛穴に落ち込むと、毛穴の入り口を塞ぐ栓のようになってしまうのです。

これが、毛穴からニョキっと飛び出した「角栓」の正体なんですね。

もともと角栓は白っぽい色をしていますが、皮脂も含んでいるため、時間が経つと酸化して黒っぽい色に変化すると言われています。

毛穴の角栓ができる3つの原因

角栓の主な成分はタンパク質と皮脂でしたが、「これって誰でもでてくるものじゃないの?」とお気づきになった方もいると思います。

考えてみれば、あなたの周りにも毛穴の悩みを抱えていない人だっていますよね。

タンパク質である肌の細胞や皮脂は誰にでもあるのに、毛穴の角栓が出来やすい人と出来にくい人がいるのは一体どうしてなのでしょうか?

もしかすると、その原因はあなたの習慣にあるかもしれません。

原因1.化粧落としが不十分

角栓ができる原因のひとつに「クレンジング」が挙げられます。

多くの女性が、仕事やプライベートのためにほぼ毎日メイクをします。女性のメイクは、身だしなみや美しくなるために欠かせないと考えている人も少なくありませんよね。

しかし、メイクをした後にクレンジングが不十分だと、汚れが肌に残って角栓のもとになる場合があります。化粧品には油分を含んでいるものも多いため、油分と肌表面の角質が混ざり合って角栓の原因となるのです。

とくに、メイク落としシートでささっと済ませている人や、メイクを落とさずに寝てしまうことが多い人は、毛穴の奥に汚れが蓄積しやすく、角栓予備軍をたくさん抱えていると言っても過言ではないのですね。

また、逆に洗浄力が強すぎるクレンジング料を使用している人も、角栓ができやすくなっている場合があります。

例えば、市販でも種類豊富に販売されているオイルクレンジングは、洗浄力があまりにも強すぎるため肌を過度に乾燥させてしまうと言われています。

肌が乾燥すると、新陳代謝が低下して古い細胞が肌の表面にため込まれやすくなります。すると、余分な古い細胞と皮脂が合体して、角栓が発生しやすくなるのです。

原因2.生活習慣で角栓が増える

乱れた生活習慣が肌へ悪影響を与えることは有名ですね。

例えば、偏食や飲酒喫煙によって糖分や脂質を摂り過ぎてしまうと、糖分の摂り過ぎによって肌を健やかに保つためのビタミン類が糖質分解の為に無駄に消費されてしまったり、脂質の摂り過ぎによって肌の皮脂分泌量が増えてしまうと言われています。

また、睡眠不足や過度なストレスが続くと、ホルモンバランスが乱れて肌細胞の入れ替わりがうまくいかなくなったり、皮脂が過剰に分泌されたりして角栓ができやすくなります。

生活習慣の乱れによって体調不良を起こしていると、せっかくスキンケアなどを頑張っていても、肌が十分に栄養を吸収できなくなってしまいます。それどころか、スキンケアに対して過敏に反応して、肌荒れの原因になってしまう場合もあるのです。

原因3.間違いスキンケアが角栓のもとに

自己流のケアや肌に合わないケアを長年続けていると、肌のバリア機能が低下して角栓が出来やすくなります。

一見目立ったトラブルが起きていないように見えても、間違ったスキンケアを長年続けることによって、肌のバランスが崩れて頑固な角栓を形成してしまう場合があります。

また、すでに出来てしまった角栓を治すために、過度なスキンケアをしている場合も注意が必要です。

もともと肌には“ダメージを自ら再生する力”が備わっているのですが、過度なスキンケアによって外から栄養を与えすぎてしまうと、肌本来の再生力が衰えてしまうと言われています。

過度なスキンケアの基準は人によって個人差がありますが、あらゆる手を尽くしたうえで毛穴が悪化してしまう場合は、シンプルなスキンケアに戻してみるのもひとつの手です。

毛穴パックで悲劇!角栓を繰り返すNGケア

毛穴から角栓を抜き取っていれば、そのうち角栓が消えていくものなのでしょうか?

角栓ケアのひとつとして「毛穴パック」を試してみたことがある方も多いと思います。パックをベリっと剥がすと、角栓がびっしりとついていて、即効性があるように感じますよね。

しかし、実はこのような毛穴の為の特別なケアが、かえって角栓トラブルの原因になっていることも多いのです。

ここでは、毛穴に悩む多くの人がやってしまいがちな“NGケア”を3つご紹介します。

①ベリっと剥がせるシートパック

即効性があり、誰でも効果が実感しやすいことでも人気の毛穴用シートパック。しかし、貼ってはがすだけで角栓がとれるというのは、それだけ強力な粘着力を持っているということなんです。ベリっと剥がしたときに、角栓だけでなく肌表面の健康な細胞まで無理やり剥がしとってしまうため、肌荒れの原因になりやすいのです。

②爪や器具でこまめに角栓をとる

爪やピンセットを使って角栓を抜き取っている方も多いですよね。爪や器具で角栓を取ろうとすると、狭い毛穴の入り口から大きな角栓をグイグイ引き出すことになってしまうため、毛穴周辺の皮膚に大きな負担をかけてしまいます。さらに、爪や器具についていたバイ菌が、角栓を取ったあとの毛穴に入り込んで繁殖してしまう場合もあるので注意しましょう。

③気になる箇所は念入りに洗顔する

「角栓ができるのは肌の汚れのせい!」と思って、念入り洗顔をしている方もNGです。長時間にわたって念入りに洗顔したり、気になる箇所をしっかり擦り洗いしてしまうと、汚れだけでなく肌に必要な水分や油分まで洗い流してしまうのです。その結果、乾燥による皮脂過剰を起こしやすくなり、角栓を繰り返す肌になってしまいます。

角栓を抜いて後悔…悪化の例とは?

間違った角栓ケアを続けてしまったせいで、自力では治せない肌トラブルへと悪化してしまった例もあります。

応急処置のつもりで、爪とか指でギュッと角栓を押し出すのは本当にやめた方がいいよ…。学生時代ずっとやり続けたら、30代で毛穴陥没した。。。(30代女性)
毛穴パックを毎日使ってたら、だんだん毛穴が大きくなってきた気がします。メイクしても全然隠れなくなるから、ほんとにやめた方がいいと思います。(20代女性)
毛穴が凸凹だし、パッと見て分かるくらい角栓がびっしり生えてます。たぶん、ピンセットで角栓を抜きすぎたのが原因だから、今になってすごく後悔してます…。(20代女性)

ついつい抜き取りたくなる角栓ですが、間違った方法で対処してしまうと、後々とても後悔することになってしまうので注意してくださいね。

角栓は抜くより溶かすのが効果的?

すでに出来てしまった角栓を取り除くためには、無理に引き抜こうとするより溶かすほうが肌を傷めにくいと言われています。

角栓を無理に抜こうとすると、毛穴周辺の皮膚が傷つく心配がありますが、角栓を溶かして落とせば肌に余計な刺激を与えにくいのです。

ただ、角栓を溶かすというと「肌も一緒に溶かしてしまうのでは?」「刺激が強そう…」などのイメージを持つ方も少なくありません。

たしかに角栓をすべて溶かそうと思ったら、肌まで溶かすような刺激の強い成分が必要でしょう。

しかし、角栓をすべて溶かそうとするのではなく、角栓の一部を溶かすことによって毛穴から簡単に抜け落ちやすくしようとすれば、肌への刺激はほとんどかからなくなるのです。

「角栓を溶かすってどうするの?」「何を使えば溶けるの?」と疑問がでてくると思うので、角栓を溶かす方法についてご紹介していきます。意外と身近なもので角栓を溶かすことが出来るので、驚く方もいるかもしれませんね!

簡単な角栓対策①綿棒オイルで角栓ぽろり

角栓を溶かして落とす有名な対策のひとつに「綿棒オイル」というものがあります。もしかすると、聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

オイルは皮脂の成分と近いため、油同士でなじむ性質があります。角栓の成分の一部である「皮脂」と綿棒につけたオイルが馴染むことによって、毛穴から角栓を溶かし出す効果が期待できると言われています。

綿棒オイルのやり方

【準備するもの】
・綿棒
・オイル
(オリーブオイルやベビーオイルなどなんでも可。ただし、肌に使うため無添加のものがおすすめです。)

まずは、洗顔&クレンジングで余分な肌の汚れを落としていきましょう。そのあと、保湿化粧水で肌に水分を与えます。乾燥した肌に直接オイルを塗ってしまうと、肌が油分を吸収しやすくなってしまうため、先に保湿して余計な油分を吸収しないようにするのがポイントです。

次に、準備した綿棒にオイルをたっぷりと染み込ませます。角栓が気になる箇所に綿棒の先をあて、クルクルと優しくマッサージしていきます。強くこすってしまうと肌を傷めるので、優しく撫でたり転がすようにマッサージしましょう。
綿棒の滑りが悪く感じる場合には、肌にも少量オイルを馴染ませると滑りがよくなります。

マッサージが終わったら、肌についたオイルをクレンジング料で洗い流して、通常のスキンケアで保湿をしましょう。

1回で角栓が落としきれなかった場合は、日をあけて再度やってみましょう。1日に何度も繰り返してしまうと、肌を傷つける原因になります。

簡単な角栓対策②炭酸で角栓を溶かす

美容室やエステでも人気の「炭酸美容」ですが、自宅でも簡単に取り入れることができます。

炭酸ガスには、

①皮脂の分解作用
②タンパク質の吸着作用
③血行促進作用

などから、毛穴汚れを分解・除去する効果や肌のターンオーバーを改善する効果が期待されます。

角栓の皮脂を溶かして、残りのタンパク質を吸着することによって、毛穴からスムーズに角栓を溶かし出すことが出来るのです。

また、血行促進作用によって肌のターンオーバーを改善することで、肌トラブルを起こしにくい美しい肌を手に入れることができるとも言われています。

炭酸を日々のスキンケアに取り入れることによって、様々なメリットが享受できるのです。

スキンケアに炭酸を取り入れるには?

炭酸をスキンケアに取り入れるためには、いくつかの方法があります。まずは、あなたのスキンケアスタイルに合わせて、簡単に取り組みやすいものから挑戦してみて下さいね。

1.炭酸洗顔

用意するものは、市販の飲料用炭酸水です。炭酸洗顔のやり方については諸説ありますが、基本的にはすすぎで使用する水を炭酸水に置き換えるという方法が人気です。

例えば、洗顔前の予洗いを炭酸水で行ったり、洗顔料を洗い流すときに炭酸水を利用します。また、すべての洗顔が終わった後に、さらに炭酸水だけで顔を洗うという方法もあります。

途中で炭酸が抜けてしまったり、炭酸が肌に触れる時間があまりにも短すぎると、効果がない場合もあるので、使用する直前に炭酸水の蓋をあけるなどの工夫をすると良いでしょう。

炭酸水は肌と同じ弱酸性のため、敏感肌やアトピー肌の方でも安心して使えます。ただし、毎日やれば効果がUPするというものではないので、週に3回程度にとどめて行うことが望ましいです。

2.炭酸クレンジング

炭酸水を毎回用意するのが面倒くさい方や、炭酸アイテムを使って効率よく効果を得たい方におすすめなのが炭酸クレンジングです。

炭酸洗顔よりも炭酸が高濃度で配合されていることや、炭酸以外の美容成分にも期待できるなどのメリットがあります。

炭酸クレンジングにも、市販のものからエステなどで採用しているものなど様々な種類があります。ここでは、口コミで人気の炭酸クレンジングについてご紹介します。

【肌ナチュール 炭酸クレンジング】

楽天、YAHOO!Beauty、iVOCEなどの美容コスメランキングで堂々1位を獲得している、定番人気の炭酸クレンジングです。

W洗顔不要で、クレンジング&洗顔&炭酸パックが手軽に行える3in1コスメ。炭酸濃度は約4,000ppmで、強力な炭酸パワーによってメイクも毛穴汚れもスルッと落ちます。

高濃度炭酸にくわえて、53種類の美容成分を配合しているため、美肌効果も期待できます。

⇒肌ナチュールの公式サイトはこちら

【iN-BE+v カーボクレンジング】

高濃度炭酸によるディープクレンジングが可能。通常1,000ppm以上を高濃度炭酸と定義するところ、「iN-BE+v」の炭酸濃度は約10,000ppm。市販の炭酸クレンジングの中では断トツの高濃度になっています。

ウォーターベースで肌に優しいのに、高濃度炭酸によってまるでオイルクレンジングのような、しっかりとしたメイク落ちを実現します。(マツエクOK!)

強炭酸を試したいという方におすすめの炭酸クレンジングです。

⇒iN-BE+vの公式サイトはこちら

セルフケアに役立つ!角栓を予防するマッサージ法

肌の乾燥や古い角質によって皮膚が硬くなると、毛穴詰まりを起こしやすくなります。

「角栓をなくそう!」と思うと、どうしても角栓を取り除くことばかりに目が行ってしまいますが、毛穴マッサージによって肌をやわらげることも角栓予防に効果的なのです。

ここでは、特に角栓が気になりやすい「小鼻」のマッサージ方法をご紹介します。

【角栓予防のマッサージ法】

まずは、力がかかり過ぎない両手の中指と薬指をつかって、鼻をはさむようにします。

鼻を上下左右にやさしく動かしていきます。さらに、鼻を回すように動かします。

最後に、指先で小鼻をつまみ、角栓をほぐすように優しく押していきます。

※マッサージを行う際には、指に力を入れすぎたり、肌を擦ってしまわないように気をつけましょう。

角栓が目立たなくなった!口コミで人気の化粧水は?

毛穴から角栓がニョキっと生えてると、お化粧ノリもイマイチになってしまいますよね。

角栓対策に効果的なスキンケア商品を使って、正しくケアしていきましょう。

ここでは、「角栓に効く!」と口コミで人気の化粧水をまとめてご紹介します。

【草花木果 透肌化粧水・竹】

販売実績500万本突破の毛穴向け化粧水です。小鼻や頬などの目立つ毛穴トラブルを改善していきます。

ミネラル豊富な「関平温泉水」や、古い角質に働きかける「SB-P発酵素」などの日本古来の天然成分が、積極的な角質ケアを実現。肌に負担をかけずに、角栓の原因である古い角質を除去していきます。

使い心地は、しっとりタイプとさっぱりタイプの2種類から選べます。

H.Wさん 38歳/女性 ★★★★★
使い始めて1週間ほどから、毛穴が目立たなくなってきてビックリしました。小鼻のまわりにモサモサっと生えていた角栓が小さくなってきた気がします。化粧水の肌への浸透力もあって使い心地が良いので、使い終わったらまた購入したいと思います!
N.Iさん 27歳/女性 ★★★★☆
さっぱりタイプを使っています。このシリーズの化粧水は、つけた後の肌の触り心地がほんとうに良くなる気がします。即効性があるという口コミも見かけますが、私の場合は使い始めて1ヶ月目くらいから徐々に毛穴目立ちが気にならなくなりました。地道に使い続ければ、すごく効果があるので優秀な化粧水だと思います。

⇒草花木果の公式サイトはこちら

【ビーグレン QuSomeローション】

乾燥や加齢によって硬くなった肌を解きほぐす高機能化粧水です。17時間持続する保湿効果をもち、エイジングケア効果にも期待できます。

厳選した美容成分が肌の内部にとどまり、継続的に肌構造の乱れにアプローチ。肌が硬くなって毛穴詰まりを起こしやすい肌の改善におすすめです。

角質を整える「ホメオシールド」や肌を活性化させる「EDP3」など、肌にじっくりとどまり続ける4つの美容成分が配合されています。

S.Iさん 42歳/女性 ★★★★☆
浸透が良くて、馴染んだ後にお肌がしっとり落ち着くので気に入っています。かれこれ2年くらい愛用していますが、ほとんど肌荒れを起こさなくなりました。毛穴がポツポツ目立つのも抑えられますし、肌の乾燥も気にならなくなりました。
K.Mさん 26歳/女性 ★★★★★
ネットで見て毛穴に効くとのことだったので購入してみました。まだ使い始めたばかりですが、少しずつ毛穴の黒ずみや角栓が減ってきた気がします♪バシャバシャ大量に使わなくても、しっとり感が長続きするので、コスパも良いと思います。

⇒ビーグレンの公式サイトはこちら

エステや病院は?角栓吸引の効果とは

どんなにセルフケアを頑張っても角栓がちっとも無くならない…という場合には、思い切ってプロの手を借りるのもありでしょう。

エステや病院での治療はお金がかかってしまうのも事実ですが、プロによって正しい処置をしてもらえるため、毛穴トラブルの早急な改善が期待できます。

角栓治療の代表的なものには「角質吸引」があります。

角質吸引とは、吸引機によって角栓や皮脂を取り除く治療法です。毛穴に詰まった汚れを全般的に取り除くことから、角栓だけでなく、毛穴の黒ずみ改善や皮脂詰まりによるニキビ予防にも効果的です。

エステや病院で治療を受けた場合には、角質吸引後のアフターケアなどもしっかり行ってくれるため、人気のある治療法です。

施術費用や時間などは、治療を受けるエステサロンや病院ごとに異なります。一般的な相場の目安としては、施術時間10~40分で3,000円程度です。さらに、本格的な治療を受ける場合には、施術時間1時間以上で5,000円以上する場合があります。

コストや時間、効果など、施術内容によって少しずつ変わってくるので、自分ができる範囲でどのような治療が一番適切か、サロンスタッフや医師とよく相談してから行うようにしましょう。

本格的な治療がおすすめな人とは?

・自宅ケアに限界を感じている人
・短期間で角栓を改善したい人
・スペシャルケアとして取り入れたい人

エステや病院での治療は、すべての人に必ず必要というわけではありません。

例えば、セルフケアだと角栓トラブルの完治までにある程度の期間がかかります。そのため、○日までに絶対に治したい!という方や、結婚式やパーティーに合わせて綺麗になりたい方など、即効性を求める方にはセルフケアよりも専門機関での本格的なケアがおすすめだと言えます。

また、正しいケアを長年続けているにも関わらず、どうしても毛穴トラブルが絶えないという方も、一度専門的な治療を受けることをおすすめします。専門機関では、すでに出来てしまった角栓の治療以外にも、毛穴トラブルの原因やスキンケアについて相談できるため、毛穴トラブルの早期改善のきっかけになるでしょう。

まとめ

角栓の原因や対策についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

毛穴のトラブルというのは、今日対策を始めたからと言って2∼3日で完治するものではありません。しかし、正しいケアを続けることによって1ヶ月~半年をかけて、しっかりと改善していくことは誰にでも可能です。

やみくもに角栓を抜いてしまうなどの間違いケアを見直して、あなたも毛穴悩みゼロのなめらかな肌を手に入れましょう!

[スポンサードリンク]