鼻の毛穴汚れを綿棒で落とす方法をご紹介!その驚くべき効果とは

[スポンサードリンク]



「これまで洗顔やクレンジング、鼻パックなどいろいろしてきたけど、毛穴の汚れが消えない」

あなたは、このような毛穴汚れの悩みをお持ちではないですか?

私も同じように毛穴汚れをなんとかしようと努力しましたが、効果があらわれず。。。

どうすればいいの?と思っていたときに、毛穴汚れが一気にとれるという綿棒を使った方法を知りました。

でも初めは、どうやって綿棒毛穴汚れをとるの?本当に効果があるの?など疑問だらけでした。

そこで、私なりに綿棒毛穴汚れをとる方法について調べてみることにしました。

今回は、綿棒毛穴汚れをとる方法、一緒に使うといいオイルや、綿棒毛穴汚れをとるメリットやデメリット、毛穴汚れの原因など、調べたことをご紹介していきます。

綿棒で毛穴の汚れがとれた!

綿棒をもっている手

綿棒毛穴汚れが取れた!とツイッターで多くの人達がツイートしていました。

綿棒で鼻の毛穴の汚れが取れると聞いて試してみた!確かに、これは確実にいける。綿棒には、汚れがついていて、汚れがとれたのがはっきりわかる。やった前と後で肌触りがぜんぜん違う!感動!

ベビーオイルを購入してきました!あと綿棒をふたつ用意。鼻の毛穴がつまっているところをオイルに浸した綿棒でぎゅっとはさんで、押し出すようにすると、毛穴の表面のざらつきがなくなりつるつるに♪手でやるよりも毛穴が赤くならずにすむので肌にやさしい感じ

綿棒が注目を集める発端となったのは、綿棒にオイルをつけて毛穴汚れをとる方法を紹介されていた方のツイートです。

そのツイートは、なんと1万回以上もリツートされるほど注目を集めました。

綿棒で毛穴の汚れをとる方法

毛穴汚れがとれると大注目の綿棒

早速、どのように綿棒毛穴汚れをとるのかをご紹介していきます。

まず綿棒毛穴汚れをとる前には、メイクを落とした状態で蒸しタオルやスチーマーを使ったりお風呂に入るなどして、毛穴をひらかせておきましょう。

1,綿棒にオイルをつける

綿棒につけるオイルには、様々な種類があります。

ご自分に合うものを見つけていくのが良いですね。

後ほどご紹介していきます。

2,綿棒でコロコロやさしくマッサージする

鼻の頭や両脇の小鼻、眉間のあたりまで綿棒をコロコロとマッサージするようにやさしくあてていきます。

眉間に綿棒を押し当てる時は、眉間をぐっとよせると角栓がうかびあがってきます。

綿棒を一本ずつ両手にもって鼻を挟むように押し当てるとより取りやすいです。

3,洗顔をする

十分やり終えたら、顔についたオイルを流していきます。

この時、オイルの洗い残しには注意しましょう。

肌に残ったオイルが酸化し、毛穴をつまらせるもととなってしまうためです。

4,保湿ケアをする

綿棒毛穴汚れを取り除いた後は、必ず保湿をするようにしましょう。

汚れを取り除いてぽっかりと穴があいた毛穴に、再度汚れが入らないようにするためです。

収れん化粧水を使い毛穴をきゅっと引き締めてあげて、最後に化粧品で保湿をしてあげます。

なんで綿棒で毛穴の汚れがそんなにとれるのか

綿棒毛穴汚れをとる方法をご紹介しました。

しかし、なぜ綿棒を使うと毛穴汚れを一気にとることができるのでしょうか。

それは、綿棒に染み込ませるオイルの成分が、毛穴汚れのもとである「角栓」に良くなじむためです。

オイルが角栓になじむと、角栓が毛穴の外へ溶け出していくため、毛穴汚れが取りやすくなるのですね。

次に、オイルにはどんなものがあるのか、またオイル以外に綿棒と一緒に使うものについて見ていきます。

綿棒で毛穴の汚れをとるのに何と一緒に使えばいいの?

綿棒で角栓をとる際に一緒に使うものを4点ご紹介します。

ホホバオイル

ホホバオイル

ホホバオイルには、毛穴汚れを取り除いたり、肌の状態を改善する効果があります。

それはホホバオイルに下記の二つの成分が含まれているためです。

一つ目が、ワックスエステルです。

これは皮脂の成分の中で約25%を占めている成分です。

角栓は主に角質と皮脂でつくられるため、このワックスエステルをつけると柔らかくなり、取り除きやすくなるのです。

また、ワックスエステルは皮脂のように肌表面に膜をはり、肌内部の水分が蒸発するのを防ぐ保湿効果があります。

ホホバオイルに含まれている二つ目の成分は、ビタミンEです。

ビタミンEの抗酸化作用により、活性酸素が抑制され、肌の老化が抑制されます

オリーブオイル

オリーブオイル

オリーブオイルは、健康に良く食用に使われるだけでなく、肌に対して良い効果があるため美容においてもよく使われます。

その効果は、毛穴の角栓を柔らかくし、肌を保湿する効果です。

オリーブオイルに含まれている下記の二つの成分がその効果を生み出しています。

一つ目が、オレイン酸です。

オレイン酸は、皮脂を構成する成分の中で40%を占めます。

そのため、皮脂に非常になじみやすく、角栓を柔らかくするのに効果的です。

二つ目が、ステアリン酸です。

ステアリン酸には、保湿効果があり、肌に潤いを与えてくれます

ニベア

ニベア

ニベアは昔から多くの人々に愛用されてきた商品のため、ご存知かと思います。

ニベアは保湿成分を多く含んでおり、毛穴周りの肌に潤いをもたらします

また中にホホバオイルが含まれているため、角栓とのなじみが良いです

ニベアに含まれている保湿成分

・グリセリン
・ホホバ油
・ミネラルオイル
ワセリン

ニベアは、大缶169gで467円と値段もお手頃のため、安心して使えそうですね。

オロナイン

オロナイン

オロナインはあかぎれや擦り傷、切り傷などに使用する医薬品です。

医薬品を顔に塗っても大丈夫なの?

そう思ってしまいますよね?

実際、あまりオススメできるものではありません。

インターネット上で、オロナインを使えば角栓がよく取れる!といった情報が多く出回っているため、注意の意味をこめてご紹介します。

オロナインを使うと角栓が取れやすくなる一方、肌に良くない影響も与えることが指摘されています。

オロナインに含まれているオリーブオイルは、上記に説明した通り、皮脂とよくなじみ角栓を柔らかくしてくれます。

しかし、オロナインに含まれているクロルヘキシジングルコン酸塩液という成分がデリケートな顔の肌に良くない影響を与えてしまいます。

クロルヘキシジングルコン酸塩液の殺菌・抗菌作用により、ニキビの炎症のもとであるアクネ菌だけでなく、善玉菌までも死滅させてしまいます

この善玉菌の働きにより、肌を外のダメージから守る働きをする皮脂膜が作り出されます。

善玉菌が死滅し皮脂膜がつくられなくなると、肌がダメージを受けやすくなり、より肌の乾燥が進んでしまいます

オロナインパックに関してはこちらの記事で詳しく解説しています。
オロナインパックで毛穴の角栓を取るのは危険?効果的なケア方法

綿棒で毛穴の汚れをとるメリット

オッケーサインを出す女性

綿棒毛穴汚れをとるメリットは3つ?あります。

3つ?としたのは、1つだけ本当にメリットと言えるか疑わしい点があるからです。

順に見ていきます。

1,しつこい角栓を取り除くことができる

綿棒だけで取り除こうとすると、毛穴の奥にある角栓は中々とることは難しいです。

しかし、綿棒にオイルを染み込ませて角栓を押し出してあげることで、毛穴につまった角栓が溶けて外に出てきます。

2,安い費用で行うことができる

準備するものは、綿棒とオイルのみです。

そのため、安い費用で角栓を取り除くことができるため、多くの人達に人気なのですね。

3,肌に優しい?

ホホバオイルやオリーブオイルは植物性で、含まれている成分を見ても特に肌にダメージを与える成分を含まれておりません。

ニベアもこれまで多くの人が使っており、安全な商品であることに疑いの余地はありません。

また、手で強く鼻を押すより、綿棒の方がクッション性がありコロコロと肌にあてるだけなので肌に優しいと言われています。

しかし、本当に肌にダメージを与えていないのでしょうか。

コロコロと鼻に押し当てただけで角栓はとれるのでしょうか。

この点について、再度詳しく確認していきます。

綿棒で毛穴の汚れをとるデメリット

驚く女性

多くの人が綿棒毛穴汚れをとる効果を感じているようですが、本当に問題はないのでしょうか。

綿棒毛穴汚れをとるデメリットについても考えていきます。

1,綿棒を軽く押し当てるだけでは毛穴の汚れはとれない

綿棒を軽くコロコロ押し当てるだけでは角栓の表面だけしかとれていない場合があります。

手とピンセットを使って何とか角栓を引っこ抜いてる人もいるほど、角栓は毛穴の中にしっかりと根をはっています。

いくらオイルが角栓を溶かすといっても、綿棒だけで取り去るのは難しいのです。

角栓の根っこの部分から取り除くには、どうしても綿棒を強く鼻に押しあてる、または綿棒を二つ使って強く挟み込んで押し出してあげることが必要です。

2、肌にダメージをあたえる

強い力で綿棒を鼻に押し当てると、肌に余計なダメージを与えてしまうことになります。

そうすると、肌のバリア機能が弱まり、外からの刺激にも敏感に反応する肌となる危険性があります

3,毛穴のひらきが目立つ

毛穴につまっていた角栓を取り除くと、その部分にぽっかりと穴ができるため、毛穴がひらいてみえます

また、毛穴に何もなくなると乾燥しやすくなるため、それを防ごうと皮脂が多く分泌されます

過剰に分泌された皮脂のおかげでさらに毛穴がひらいてみえてしまいます。

4,角栓が再発する

皮脂が過剰に分泌されると皮脂がつまりやすくなり、また、他の汚れや古い角質とまざりあい再度角栓がつくられてしまいます

角栓をとりのぞいたとしても、再度角栓がつくられてしまう悪循環となってしまうのですね。

以上、4つのデメリットについて見てきました。

オイルを含ませた綿棒毛穴のつまりを取り除くのは、一時的には効果があるように思えます。

しかし、肌にダメージを与えてしまうし、毛穴のひらきがよけい目立ち、角栓も再度つくられてしまいます。

こういったデメリットも起こりうるということを知っておくことは大事ですね。

では、どうすれば角栓を取り除き、毛穴汚れを解決していけばいいのでしょうか。

毛穴汚れを解決するのに最も効果的な方法をご紹介していきます。

毛穴の汚れをとるのに効果的なスキンケア

洗顔をする女性

毛穴汚れをとるためには、一時的な対処ではなく継続的に正しいスキンケアを行い、ターンオーバーを正常化させることが大切です

ターンオーバーとは、約28日周期でお肌が新しく生まれ変わることを言います。

このターンオーバーにより、古い角質もしっかり肌から剥がれ落ちるため、角栓がつくられるのを防ぐことが出来ます。

ターンオーバーを正常化するためのスキンケアとして、特に大切なのが、クレンジングと洗顔です。

クレンジング

クレンジングは後に続くスキンケアの効果をだすためにも大切です。

下記ポイントに注意して、クレンジングをするようにして下さい。

クレンジングのポイント

  • メイクをした日は必ずクレンジングをする
  • ポイントメイクは先に落とす
  • つける時間は30秒〜40秒
  • ゴシゴシこすらない
  • 使用後に肌がつっぱらず、肌に潤いを与えてくれるものを使用する
    →後ほど、オススメのクレンジングをご紹介しますね。

洗顔

洗顔は朝と夜の2回行います。

朝は、就寝中に分泌された皮脂やホコリを洗い落とすために行います。

夜には、クレンジングでとりきれていないメイク汚れやほこり等をしっかり洗い落とすために、洗顔をします。

洗顔のポイント

  • W洗顔不要のクレンジングではない場合は、クレンジングだけで済ませずに洗顔も欠かさず行う
  • 肌の乾燥が激しい場合は、部分的に洗顔する(皮脂が少ない箇所は水だけでもアカやホコリを落とすことができる)
  • 洗顔料を顔につける時間は30秒〜40秒まで
  • 使用するタオルは毎回取り替える
  • ゴシゴシせず、ゆっくり優しく洗顔する(皮脂を取りすぎないように注意)
  • 洗顔後、肌が潤う洗顔料を使う

以上、毛穴汚れをとる上で大切なクレンジングと洗顔について見てきました。

クレンジングと洗顔を正しく行うことで、肌を痛めることなくしっかりメイク汚れやホコリ、古い角質、余分な皮脂を洗い流すことができます。

すると、肌を痛めることでおきるターンオーバーの乱れや、洗い残しによる毛穴のつまりも防ぐことが出来ます。

ただ、スキンケアを行ったとしても、毛穴汚れのもととなる角栓をすぐには取り除くことはできません。

毎日継続して行うことで、ターンオーバーは正常化していき、角栓が自然に排出される状態をつくっていくことができます。

毛穴に汚れがたまる原因

汚れがたまった毛穴

これまで毛穴汚れをいかにとるかについて解説してきましたが、そもそもなぜ毛穴汚れるのかご存知でしょうか。

毛穴汚れがたまってしまう原因をまとめていきます。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、約28日周期で起きる肌の生まれ変わりのことを言います。

このターンオーバーが乱れると肌の表面にある古い角質が肌の表面から剥がれ落ちずに残り、蓄積されていき、厚く硬くなってきます。

この角質が、毛穴の中の皮脂や汗、汚れと混ざり合い、角栓となり、毛穴をふさいでしまうのです。

皮脂の過剰分泌

皮脂が過剰に分泌されると、毛穴の中に皮脂がつまりやすくなります。

詰まった皮脂は、角質と混ざり合い、角栓ができるもととなります。

肌の乾燥

肌が乾燥すると、外の刺激を防ぐ肌のバリア機能が弱まるため、ダメージを受けやすくなります。

ダメージから肌を守ろうと、細胞をたくさん生み出すためにターンオーバーの速度が早まります。

短い期間でできた細胞は未熟なため、水分をあまり含んでいない状態です。

乾いた細胞はバリア機能や水分を保持する力が弱いため、外からの刺激に反応しやすく肌もさらに乾燥していく悪循環に。。。

乾いた細胞は肌からはがれ落ちず蓄積されていき、毛穴がつまるもとになっていきます。

メイク汚れの洗い残し

クレンジングや洗顔が不十分だと、メイクが肌に残ったままになり、毛穴をつまらせる要因となります。

以上、毛穴汚れがたまる4つの原因について見てきました。

これら4つの原因を解決してあげるためにも、正しいスキンケア、特にクレンジングと洗顔をまずしっかりするのが必要なのですね。

次に、毛穴汚れを解決するのに効果的な化粧品をご紹介していきます。

毛穴汚れをとるのにおすすめのクレンジング

おすすめクレンジングのマナラホットクレンジングゲル

毛穴汚れの原因の一つであるメイクの汚れ。

一般のクレンジングでもメイクの汚れをとることはできますが、肌への刺激が強すぎて肌を痛めてしまい、余計肌を乾燥させてしまうことがあります。

メイクの汚れをしっかりと洗い流しながらも、肌の潤いを損なわない、そんなクレンジングを使ってあげることで毛穴汚れは改善していきます!

マナラホットクレンジングゲルは、毛穴の黒ずみをゲルがしっかり吸着するため、しつこいメイク汚れや古い角質、毛穴汚れもしっかり洗い流してくれます。

W洗顔不要のため、肌の油分をとりすぎる心配もありません。

また、91.3%の美容成分により、洗い上がりの肌はしっとり潤っていて、肌の乾燥を防いでくれます。

マナラホットクレンジングゲルを使用した人の声

29歳 乾燥肌
乾燥肌のため普通のクレンジングを使うと肌がつっぱってしまい、すぐ保湿しないといけませんでしたが、こちらは洗顔後もつっぱらず肌が潤っています。半年ほど使い続けてみた所、肌の状態は格段に安定していき、小鼻の黒ずみもなくなっていきました!W洗顔不要で、お肌に余計な負担をかけることはなく、コスパもいいですね。
28歳 混合肌
もう使い始めて5年経ちます。私の肌に合っていたのか、使い始めてから2ヶ月で目立っていたいちご鼻が改善していったので、それ以来ずっと使っています。一度他のクレンジングも試しましたが、また毛穴が黒ずんできたため、またこちらを使うようになりました。もう手放せません。

マナラホットクレンジングゲルの注目点
・5年連続でホットクレンジング売上シェアNo1
・累計販売数は400万本を突破
・アットcosmeなど多くの口コミサイトでも堂々の第1位を獲得
・モンドセレクションで6年連続で「金賞」を受賞

マナラホットクレンジングは、Amazonや楽天、ヤフーショッピングでも購入可能ですが、公式サイトで購入すると、初回のみ2ヶ月分で2,990円です!
通販で購入するよりも1本あたり2,000以上もお得です。

一度、ご自分のお肌にあうかどうか購入して試してみるといいですね♪

公式サイトはこちらです。

公式サイトバナー

毛穴汚れをとるのにオススメの洗顔料

おすすめの洗顔料どろあわわ

いくら洗顔しても毛穴の黒ずみに効果がない。逆に肌が乾燥し、毛穴が汚れていくばかり。

毛穴汚れを解決してくれる洗顔料が欲しい!

どろあわわは、そんな悩みをもつあなたにぴったりの洗顔料です。

潤いを与えながらも、しっかり汚れを取り除いてくれます!

潤いの秘訣はどろあわわに含まれている「豆乳発酵液」にあります。

豆乳発酵液は、高い保湿効果がある大豆イソフラボンを発酵させることによって作られ、肌を滑らかに整え、肌に潤いを与えます。

さらに、コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分も贅沢に加えることで、肌はしっとりもっちりします。

この潤いと共に泥パワーで毛穴汚れや余分な皮脂、古い角質をしっかり吸着し、へこたれない濃密泡クッションで肌を守りながら洗うことが出来ます。

これによりゴシゴシと顔をこすることもありません。

どろあわわを使用したことのある人の声

20歳 敏感肌
ネットのお試し価格で購入!使用後2週間で、確実に毛穴の黒ずみが減っていきました!洗い上がりもしっとりもっちりしていて、まったくつっぱりません。少量でも泡立つため、力をいれて洗う必要がないため、肌を痛めることがありません。肌にいい成分ばかりなので、敏感肌の人にもおすすめです。
23歳 混合肌
毛穴の黒ずみがひどいため、なんとかして直したいと思い、有名なこちらを購入。口コミでは、ニキビが悪化した、乾燥したなどの書き込みがあったためどきどきしましたが、使ってみた所、全く問題ありませんでした。敏感肌の私ですが、ニキビが悪化することもありません。気になっていた毛穴も綺麗になりました。周りの友達からもほめられ嬉しいです!価格は少し気になりますが、泡がモッコモコになるため長持ちします。迷っている人はぜひ試してみるといいですよ♪

どろあわわの注目点
・泥洗顔市場5年連続売上金額No1
・高い顧客満足度
どろあわわを試した人の内、98%の人が使用感に満足しており、その中の91%が使い続けたいと回答しています。

量販店やAmazonや楽天などの通販でも購入可能ですが、公式サイトで購入すると初回限定で1個あたり1,000近くも安い1,490円です!

さらに公式サイトだと、2回目以降も割引のお得なコースや、40mlの美容液や専用泡たてネットが特典でついてきたりとお得になっています

まだどろあわわの洗顔を試してみたことがない人は、一度体験してみるといいかもしれませんよ。

公式サイトはこちらです。

公式サイトバナー

毛穴の汚れをとる他の方法

クレンジングや洗顔は、毎日継続的に行っていくことで、お肌の調子を正常にしていくことができますが、使用したからすぐ効果がでるものではありません。

使ってすぐに効果がでたら、何か強い成分が入っているのではないかと逆に心配になりますよね。

とは言いつつもできるだけ早く毛穴汚れをなくしたいと思うのも当然です。

そこで、日々のスキンケアに加えて行う毛穴汚れをとる方法を3点ご紹介します。

気になったものを、ご自分の肌に合うかどうか試してみるのもいいですよ。

美顔器を使い、毛穴の汚れを取り除く&保湿成分を浸透させる

美顔器を顔にあてる女性

家電量販店にいくと、イオン導入器や超音波美顔器、レーザー美顔器やスチーム美顔器など色々な種類の美顔器でいっぱいです。

これでは何が毛穴汚れに効くのか迷ってしまいます。

そこで、今回は毛穴汚れに効果的な美顔器について解説していきます。

美顔器の中でも毛穴汚れを取り除くのに効果的な美顔器は、「イオン導出」と「イオン導入」が行えるものです。

◯イオン導出:毛穴の奥深くの汚れを排出する

イオン導出とは、美顔器から”+”のイオンを出し、毛穴の奥のほうにある”ー”のイオンを帯びた汚れを吸着するものです。

これにより、スキンケアで取り切れなかった毛穴奥深くの汚れを取り除くことが出来ます。

◯イオン導入:美容成分を肌の奥深くへ浸透させる

逆にイオン導入は、美顔器から出した”ー”のイオンが、肌表面に塗った”ー”のイオンを帯びた美容成分と反発しあうことで、美容成分を肌の内部に浸透させます。

浸透力は、手でつける時と比較すると約40倍にもなると言われています。

浸透させる成分は、分子量が小さく浸透しやすいビタミンC誘導体を使用するのがおすすめです。

使用順序はイオン導出で汚れを取り除く→イオン導入で美容成分を浸透させるの順序で行うと良いですね。

美顔器を選ぶ際は、この「イオン導出」と「イオン導入」の2点を同時に行えるものを選ぶようにしてみて下さい!

ピーリングの活用

ピーリング石けん

古い角質が中々とれない時、市販のピーリングを使うのも一つの選択肢です。

市販のピーリング剤は、だれでも安心して使えるように医師が使うものよりも濃度を低くして作られています。

市販品の中でおすすめなのが、石けんタイプのピーリングです。

石けんタイプは、ピーリングをした後、とれた角質と一緒にピーリング剤を洗い流せることができるため、刺激が比較的すくないです。

拭き取るタイプは、肌をこするため、肌荒れの原因となるため、特にニキビができている人は避けたほうがよいですね。

・ピーリングの使用方法

1ぬるま湯で顔を洗います
2ピーリング剤をネットを使い泡立てます
3黒ずみが目立つ部分につけていきます。目元や唇は肌が弱いため、基本的にはつけないようにします。
4使用時間は、使用商品に記載の通り使います
5洗顔してピーリング剤を洗い流します
6ピーリング後は、肌が敏感となっているため、保湿は欠かさず行います

鼻パック

鼻パックをする女性

毛穴汚れを取り除こうと、鼻パックを何回やってもとれない、とれたとしてもすぐまた毛穴汚れてしまうそんな経験もあるかもしれません。

鼻パックは確かに料金も高くなくて手軽にできますし、一時的にではありますが毛穴汚れを取り除くことができます。

しかし、鼻パックには強力なノリが使われているため、肌に大きな負荷を与えてしまいます。

肌が痛むと、肌を守ろうと角質細胞の生成が促進され肌が厚く硬くなっていってしまうのです。

そして、再度角栓ができてしまう悪循環となってしまいます。

そのため、長い目で考えると鼻パックを使ってよいことはあまりありませんので、使用している人はすぐに使用を中止することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

綿棒毛穴汚れをとる方法について、メリットやデメリットなどいろいろ見てきました。

お金をかけずに手軽に毛穴汚れをとれるメリットがある反面、肌に強く押し当てることで肌に負担を与えてしまい、角栓が再発してしまうデメリットがあります。

そう考えたとき、毛穴をとるための最も良い方法は、正しいスキンケアを継続的に行い、角栓ができにくい肌の状態をつくってあげることです。

すぐに毛穴汚れがとれた!という実感はないかもしれませんが、しっかり自分の肌と向き合ってお手入れをしてあげることで、確実に毛穴汚れは取り除いていくことができますので、取り入れてみてくださいね。

[スポンサードリンク]